いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

エルミナージュ2(19)

大魔公を全て倒し、2週目へ行くためのチケットも手に入れましたが、その場合ゲームが最初からとなり、今まで立てたフラグが全てリセットされてしまいます。
万全の体勢で2週目を迎え、心置きなくレベル上げとアイテム集めに没頭するため、気になるイベントを終わらせておこうと思います。


*女王の受難*



平和になったビストールを散策していると、すっかり商店の主が板についた馬鹿コストーが浮かない顔をしています。どうやら何か問題が発生した様子。ならばとりあえず首をつっこんでおくのが冒険者というものでしょう。


冒険者達の活躍によって世界が平和になり、馬鹿コストーもそのおこぼれでビストール行政局に復帰することになりました。すっかり忘れていましたが、馬鹿コストーは元々超有能な財務大臣でした。
心機一転、大掃除を行い、明日からの仕事へ向けて気合を入れていると・・・


201007251008000.jpg

何やら失せ物の相が出ている女王様が。大掃除のドサクサでうっかりと愛用の毛布をなくしてしまったようです。

201007251008002.jpg

とはいえ、いかに有能な大臣とはいえ、女王の私物まで把握しているはずがありません。なんだか小汚い毛布が紛れ込んでいたのでうっかり処分してしまいましたが、そんなものは馬鹿コストーの預かり知ることではありません。
全て秘書がやったことです。

201007251008003.jpg

瞬間、世界が壊れる音が。

他人から見てどうでもいいような物でも、持ち主からすれば深い思い入れがあったりと、一概には価値を計れないもの。元々庶民の金銭感覚を学ぶために商店経営をするよう命じられていた馬鹿コストーでしたが、身に付いたのは物価だけで、物に対する個々人の思い入れなどについては身に付かなかったようです。
僕も、アルター製フェイトそんやルキアのフィギャーが勝手に処分されたとしたら、自分を保てる自信がありません。

しかし、聡明な我らがラグナスティア女王様は、いくらなんでもそんなことで怒ったりはしないでしょう。
天使の慈悲で許してくださるに違いありません。


201007251010001.jpg

201007251010002.jpg


201007251010003.jpg







gurahamu1.jpg


「堪忍袋の緒が切れたあアァァ!!
許さんぞ、馬鹿コストオォォォォォォォ!!!!!」




201007251011000.jpg

激怒なう。やはり女王様も人の子でした。

201007251012000.jpg

しまいには一週回って泣き崩れてしまいます。
なーかしたーなーかしたー。馬鹿コストーがなーかしたー。
うーるなーにーいってやろー。

201007251011002.jpg

しかしKYな馬鹿コストー、ハハハこやつめ!なノリで新しいのを買おう、似せたのを作らせます、等とこういう流れで一番言ってはいけないNGワードを連発します。地雷原を全裸で爆走しているようなものです。


201007251013001.jpg
201007251013002.jpg

今日の私は、阿修羅すら凌駕する存在だ!
結果、一国の主が持ちうる権力と言う名の断罪の鎌により武力介入され、馬鹿コストーはあえなく斬首。
再び店主へと戻されてしまいました。

201007251013003.jpg

というのが、事ここに至るまでの経緯だったようです。世界の悪意が見えるようだよ・・・。
まあ大体予測はできましたが、もし冒険の途中で毛布を見つけることがあれば、女王様に届けて欲しいと馬鹿コストーから頼まれました。普通に考えれば、未識別なアイテム溢れるこの世界で一枚の毛布を探し出すなど、ザルで水をすくうかのような作業に思えますが・・・。


201007251016000.jpg

ハイベリーの森にあるゴミ捨て場。ここを根城にしているゴブリンにお金を払うことで、冒険中にうっかりと捨ててしまったアイテムを新しいものから数えて10個まで回収することができます。
捨てたアイテムを取り戻すというとここしか思いつかないため、全員で漁りまくりますが、全く見つかりません。
諦めて帰ろうとすると、ゴブリンから「残念な毛布」というアイテムを押し付けられました。恐らくこれのことでしょう。どうやら別枠だったようです。

201007251018000.jpg

早速城へ持っていくと、女王様が長年生き別れていた家族と再会したかのような極上の笑顔で迎えてくれました。
正直、ウルナに許してもらえたと知ったときより感動が大きい気がします。
残念な毛布>>>>ウルナ>>>越えられない壁>>>馬鹿コストー なのでしょうか。

201007251019000.jpg
201007251019001.jpg

そして、悲劇が再び訪れる事を恐れる女王により、今日ここで新たな法令が制定されました。女王ェ・・・。
これより後、ビステール城では汚い毛布が見つかるたびに、一々女王様に確認せねばならなくなり、清掃員の間で混乱が見られるようになった・・・のかどうかは知りませんが。


201007251020001.jpg

そして今頃ノコノコとやってきた馬鹿コストー。宝物が戻ってきたことにより、行政局に復帰してよいことになりましたが、なんと店主も続けつつ大臣もしてほしいという無茶振りをされます。

201007251021000.jpg
201007251021001.jpg

地味に過労死しろと言っているような感じで、まだ根に持っているのかと思いきや、コントラキオの一件で内政がおろそかになり、国と民との間で軋轢が発生してしまっているとの事。それを修正するために、大臣業と半々で構わないので商店の店主として仲立ちを続けて欲しいという真面目な頼みでした。
馬鹿コストーは何度でも蘇るさ!

201007251022000.jpg

スペック的には超有能な馬鹿コストー、数名の部下がいればなんとか回せるそうです。あんたすげえよ・・・。
以後は二人ともお仕事モードな雰囲気になり、冒険者の出番はこれにて終了です。
結果として国の経済を守った感じでしょうか。いいことをした。

特に報酬が得られるイベントではありませんが、ノリ的に非常にお気に入りなイベントでした。
残念な毛布はきちんとアイテム図鑑に載るので、それが報酬と言えば報酬でしょうか。
女王の知られざる一面が垣間見られました。というか女王様かわいいです。

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

このイベントは面白かったですね。
女王様、サイコーです☆
あっ、村正ゲットおめでとさんです(ツイッターより)。
  • グレたでーもん 
  • URL 
  • at 2010.08.10 21:13 
  • [編集]

NoTitle 

グレたデーモン様>
エンディング等でのシリアスな展開があるおかげで、余計際立っていますよね(笑)ギャップがあるとやっぱり魅力的になるということでしょうか。

>村正ゲットおめでとさんです
ありがとうございます。今回は割と武器が下のほうから順繰りにうまいこと出てきている感じで、強くなっている感が実感できましたね。
ただやはり一番武器のありがたみを感じられたのはフランベルジュを禁止していた序盤でしたが(苦笑)
  • 天河 
  • URL 
  • at 2010.08.11 19:45 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。