いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

エルミナージュ2(26)

*神々の肖像(過去編)*

201008150950000.jpg

ライブラリアンを計6体蹴散らし、創胎宮・聖域の際奥にある祭壇に触れると、地鳴りとともに神が降臨します。
種族が神影となっている彼らは、文字通り神の影で、本体ではないものの、軒並み1000レベル以上を誇る強敵です。
ウルナス・ラーデを歩いているとランダムで出会えるものもいますが、割と時間がかかってめんどくさいため先にこちらの方と戦います。
ランダムのほうは現職の神、こちらはウルナの記憶から作られた過去の神になります。

なんで影なのかは、昔々エスペル・デクスの先祖のペル・デクスが、たまたま実体で降臨していた神がいた世界にカチコミをかけて刃傷沙汰を起こし、以来実体で降臨するのはやめましょう、という事になった・・・そうです。
また、その時ペル・デクスが大魔公を名乗るようになったのが、今の大魔公の始まりとなったそうな。

この世界の神様は議員のようなもので、能力や周囲からの推薦で就任したり、不祥事などを起こせば解任されたりします。大人な世界ですね。



201008170153000.jpg
201008170210000.jpg

戦い方はライブラリアンの時と同じですが、相手のHPが大体20000前後と格段に上がっているので、5倍のダメージを与える神殺しの槍を投入します。
不幸な事件により僕のデータでは唯一の1本がロストした状態でしたが、雷の魔印+3を手に入れる過程で3本手に入れることができたため、完全に過去を振り切ることができました。(エンジン音とともに)
絶望が・・・お前のゴールだ・・・!

錬金でダメージ強化した槍で、戦士なら2000以上、僧侶でも1000オーバーのダメージを叩き出せます。
魔導師も、ジアカラドの火力が格段に上昇しており、総合ダメージはかなり上がっています。
ではレッツゴー。



VS 創命神影オルセス

201008150952001.jpg

とにかくイムルアラティを連打してHPをガリガリ削ってきます。フィリードとゼオナダルも使うので長期戦は危険ですが、HPが最高でも6800程度と低めなので、火力を生かして1ターンで粉砕。
神影戦の入門用な相手です。



VS 変幻神影サリジャナ

201008151025000.jpg

レベル1300越えにしてつばめ返し持ち、さらに連撃、クリーンヒット、おまけに武器防具破壊能力まで持つ剛腕女神。
つばめ返しの確率は7割超えなので、まともに殴りかかると反撃されて装備まで破壊されるという戦士系涙目な結果に。

しかし、「おっとりしている」「寝るのが趣味」というキャラを反映してか、睡眠耐性が低く、敏捷も18しかないため、寝かしつけてから叩くのが非常に効果的です。というかそうしないと無理ゲーです。
前作では睡眠が通るのを知らなかったため、魔導師のジアカラド頼みで超長期戦の末にどうにか削り勝った苦い思い出がありますが、ネタが割れている今回はそうはいきません。
寝たまま帰ってもらいました。



VS 亜空神影セムナドク

201008170129000.jpg

亜空の神であり、笑いの神。何故か装備がデスピコハンマーなのも、その一端でしょうか。
ある理由から上の二人同様すでに現職ではないため、よくよく考えればフィーナス・ラーデではすでに存在しない神を信仰しているという前代未聞な事態になっています。
いくら祈っても声が聞こえたりしないのも、致し方ない話です。

混乱付与率が100%のため、前衛だけでもコウモリのベルト等で対策しておかないと大変なことになります。
笑いの神であり、何も無くても常に笑っていたそうなので、こちらが混乱ブレスで大恐慌に陥っている様を見て笑い転げ、運悪くデスピコハンマーの首切り1%で即死する様を、指をさして笑い転げるのでしょう、きっと。



VS 時間神影シンハニコル

201008170155001.jpg

長生きなおじいちゃん。オルセスやサリジャナと違って初見のため、どういう敵なのか探りながら戦おうとしたところ・・・



201008170151000.jpg

ちょ、まっ・・・。

戦闘開始と同時に隠れる警戒持ちでした。
さすがにこのレベルの敵に隠れられると、早いところ発見できるのを神に祈るしかなく、完全に運ゲーです。
おまけにクリティカルと麻痺が50%、石化も30%持ちとやりたい放題です。
君主が育っていなければ瞬殺でしたが、どうにか耐え抜き、3ターン目で発見。
あとはいつも通りの展開でした。しかし危なかった・・・。年の功はダテじゃない。


どうにか4体撃破できたため、次はランダムの方に行きたいと思います。
神様には色々バックストーリーがあったりしますが、公式ブログが詳しいため、気になる場合は参照すると楽しめると思います。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。