いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ウィザードリィ外伝・5つの試練 「聖者の経典」(3)

聖者の経典、更にB2Fの探索を進めていきます。


20101020124340.jpg

前回行ったダークゾーン地帯で示された迂回路へと進むと、広い空間へと出ます。
何か嫌な予感がする・・・。ダイアモンドの騎士でもこんなのがあったような・・・。



20101021015133.jpg

ヒ、ヒィー!やっぱり!

しかし、ここであわててキャンプを開いて回復をしても、キャンプ終了直後は一歩前進の扱いとなって再びピットにはまってしまうため、慌てず騒がず隣に移動してから回復します。
それを見越して隣にもピットが仕掛けてあったら魔法使いのHPが危険でマッハでしたが、さすがにそんなことはなく安心しました。

付近にはやはりそこかしこにピットが仕掛けられており、敵の猛攻もあったため一度退却・・・。
しかし、ここで僧侶と魔法使いがレベルアップ。4レベルの魔法を覚えたため、浮遊の呪文レビテイトを使えるようになりました。
これでピットが怖くなくなったため、悠々と通り過ぎることができますね。
また、この魔法には何故か敵から先制攻撃されなくなるという、テキストには書かれていないものの暗黙の了解となっている効果が含まれているため、敵に先制されて大打撃を受ける、ということは少なくともなくなります。

多分、浮遊することで足音が立たなくなり、敵に気配を察知されづらくなるので、先制される事がなくなり、逆にこちらが先制できる確率が上がる・・・のような理由なんだろうと思います。
僧侶もキュアポイズンを覚えたため、麻痺と毒は治療することができるようになりました。前衛なので、僧侶が麻痺させられた場合を考えると、保険として薬をいくつか持っておくことは欠かせませんが。




20101021021802.jpg

ピット地帯を抜けると、再び迂回路メッセージが。まあ落盤ということはダメージを受ける床だろうことが予想されるので、とりあえず迂回路の方から埋めていくことにします。
ほぼ一本道なので迷うことはありませんでしたが、しばらく進んで扉を開けた先にはいきなりピット!
レビテイトのおかげでダメージは受けませんでしたが、立て続けに大勢の人影に囲まれます。




20101021022438.jpg

今日からお前も友達だ!みたいな、友好的なものは一切感じられませんね。どうやら追いはぎの類のようです。
さしずめ先の扉を開けたところのピットは、こいつらが仕掛けた物なのでしょうか。
何にせよ、黙ってむしられるわけにはいかないので、迎え撃ちます。



VS 盗賊の一団

20101021022446.jpg

見ての通りの盗賊です、ほんとうにありがとうございました。
っていうか多いよ!



20101021022500.jpg

数を頼りに挑んでくる連中なので、個々の能力は劣るかと思いきや、積み重なるとバカにならないダメージ量です。
運が悪ければ前衛に死者が出ていましたが、サンダー×2が早い段階で炸裂、何とか殲滅することができました。




20101021022513.jpg

戦闘終了後、何やら鍵を入手。恐らく、どこかの扉を開けることができるものでしょう。
先に襲ってきたのはやつらなので、遠慮なくいただいておきましょう。
悪党に人権なしと、どこぞの美少女魔導師も有名な格言を残されているので。

盗賊の屍を踏み越えた先には、B3Fへ進む階段が。また、そこからまっすぐ南下すると、B1Fへの階段があるエリアへすぐ戻れるようになっていました。
ちょうど、最初に降りてきた時に鍵がかかっていた場所もいつのまにか通れるようになっていたので、今手に入れた鍵がショートカットするためのアイテムだったようです。
これですぐにB3Fへ降りられるようになりました。


まだB2Fに行っていない部分はありますが、好奇心が抑えられないため、ひとまずB3Fへと向かってみます。
というか、残っている部分はダークゾーン地帯なため、もう少しレベルが上がってからでもよさそうかな、などと思った次第です。何があるかわからんので。





20101021023011.jpg

降りてすぐに、こんなメッセージが。命知らずの冒険野郎どもが躊躇するような何かがある、ということでしょうか。
とりあえず、周囲を回って新しいアイテムが出てくるかどうか、どんな敵がいるのかを把握しておきます。




20101021023022.jpg

また盗賊的な人達が・・・。まあこいつらは雑魚ですが。ハイウェイマンは初めて見る顔ですね。
旧作ではクリティカルヒット持ちだったような気がしますが、本作ではないようで安心しました。
とりあえず、サンダーで蹴散らしてお宝を奪います。悪党に人権なし!
さあ、お宝は何かなー!?







20101021023057.jpg







20101021023100.jpg

・・・帰ろうか。


しかし、実入りとしては、ボスの盗賊からロングボウが手に入ったので盗賊へ、何度かB3Fで戦った結果バスタードソードも入手できたので人間戦士へ。ちょっとだけ攻撃力が上がりました。
あと、小金がたまったのでバトルアクスを購入、ドワーフ戦士へ。やっぱりドワーフ戦士は斧ですね。
いい機会なので、両手持ちを試してみます。


*before*

20101021024953.jpg


*after*

20101021024944.jpg

上が通常時、下が両手持ち時の攻撃力ですね。
両手持ちすると、力が+2され、武器の最大攻撃力、つまり

AdB+○=C

という計算式のBの部分に+2されます。
ウィズでは、武器の攻撃力の計算式が、A面あるダイスをB回振った数値に○を足したものが攻撃力になるというもので、 2d8+1 であればダメージ値は 3~17 となります。

斧系はAの数値が高いものが多くなっているようなので、Aの数値が低い短剣などと比較して、より両手持ちの恩恵を受けられる仕組みとなっています。
あとはプレイヤーの冒険者に対するイメージ的な問題と、一撃のダメージが大きいと気分がいい、などのメリットがあります。
盾が持てなくなるので良し悪しですが、ブレスを使う敵が少ないフロアでは両手持ち、多いフロアでは盾持ちと使い分けるのも面白いと思います。 


*げんざいの ステータス*
注)司教はレベルアップしていないため、載せていません

Comment[この記事へのコメント]

はじめまして 

どうも、Twitterではフォローいただきましてありがとうございます。
Hitさんのこの作品は私も今プレイ中のシナリオが終わったら是非やってみたいと思っています。
ツイートのほうを拝見していると実プレイはもう終盤のようですね。
こちらのブログの記事も楽しみにしています。
よろしくお願いします。
  • Takelph 
  • URL 
  • at 2010.11.02 02:29 
  • [編集]

こちらこそはじめまして 

Hitさんの所の掲示板でもお見かけしていたこともあり、フォローさせていただきました。

聖者の経典は、かなり遊び応えのあるシナリオとなっておりますので、イチオシですね。戦闘も熱いですが、ジョークの効いたイベントなどもあり、終始楽しんでプレイすることが出来ると思います。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
  • 天河 
  • URL 
  • at 2010.11.02 14:08 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。