いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ウィザードリィ外伝・5つの試練 「聖者の経典」(5)

B3Fでの試練(主に金銭面での)を乗り越え、ちょっと自信がついたので、B2Fのダークゾーン地帯を歩いてみることにします。
幸いそれほど複雑ではなく、ピットなどもないため、マップをまめに確認しながら歩けば無事に踏破できました。



201010212201511.jpg

暗闇地帯を抜けると、何やら表札がかけてある扉が。誰か住んでいるのでしょうか。





201010212202351.jpg

扉を開けて中へ踏み込むと、怪しげな美女が出迎えてくれました。

レオノーレと名乗る彼女が言うことには、件の経典は魔人の手により異次元へ持ち去られ、そこへ踏み込むには特殊な魔力を備えたマジックソードなる剣が必要。
それらは今は力を失い、聖騎士の剣という名で一般に知られているが、自分の下へ持ってくれば古の力を取り戻す手助けができる・・・とのこと。

聖騎士の剣といえば、商店で普通に売ってる剣なのですが・・・。一本5000Gです。
君主専用の中々強力な武器ですが、前回の試練で疲弊した我々にとっては今は厳しい金額です。
君主もまだいないので、現段階ではとりあえず保留にしておくこととします。あとで必要になったら取りに来ればいいし。
場所だけ覚えておこう・・・。


ここまでの探索でドワーフ戦士がレベル9、盗賊が10に上昇。気になっていたところの探索も終了したので、いよいよドラゴンの巣の探索を開始します。



20101021223038.jpg

いかにもと言った風情の場所ですね。しかし、ここで恐れをなしていてもらちが明かないため、意を決して進みます。
ここを見事踏破すれば、ドラゴンもまたいで通る的な二つ名を得ることも夢ではありません。




201010212231041.jpg
201010212234021.jpg

登場する敵は当然のごとくドラゴン系となっており、ブレスを使うコドモ・・・もといコモドドラゴンやドラゴンパピー、ブレスは吐かないものの基礎スペックが高いスカイドラゴンなど、難敵ぞろいとなっています。
迂回路の位置的に、北西の方向がゴールであると思われるため、そちらを目指す形で進んでいきますが・・・。




20101021223814.jpg

度重なるブレス攻勢により、ついに死者が。コモドドラゴンのブレスは毒なので、ダメージとともに毒まで受けるという非常に嫌らしい攻撃です。
毒は魔法で治せますが、死亡は・・・。またお金が・・・。



20101021223940.jpg

さらに直後に現れたグールの集団から思わず逃げたところ、2ターンほど逃げ損なってしまい、二人が麻痺させられた上僧侶も瀕死に。
なんとか切り抜けましたが、かなり際どい状況でした。全滅しなかっただけよかった・・・。一時撤退。



とはいえ、これで半分ほどは探索できていたので、あとは脇目もふらずに駆け抜けます。
とりあえずは迂回路の鍵を開けることを最優先目標に、一気に北西のエリアへとなだれこむと・・・。






20101021235756.jpg


( ゜-゜)・・・・・・・・・・・・。










201011090909000.jpg

「バカっ、そこはここのヌシさんの部屋だ!」
「えっ、マジ!?」

どうやら部屋を間違えたようです。別の道を探しましょう。失礼しましたー!


・・・と思ったのですが、探せど探せど、巣を抜ける道はあのヌシがいた場所しかないようです。
逝くしかないのか・・・。正直戦闘になったら、グラフィック的にも現段階では全く勝ち目がなさそうです。
「このほしのちから そのものなり!」とか言われそうです。





20101021235803.jpg

しかし、先ほど遠目に見かけた際に表示されたとおり、あえて近づきさえしなければ襲われることは無い様子。
さすが、ヌシともなると心の広さが段違いです。

よしんば先に進むためのアイテムを持っていたとしても、それが必要になってから挑めばいいだけの話。勇気と蛮勇は違うのです。
とある英雄伝説でも、ドラゴンと戦うのはドラゴンスレイヤーを手に入れてからと相場が決まっています。




20101021235815.jpg

ヌシの脇をこっそりと通り抜けた先には、かんぬきがかけられた扉が。位置的にも、ここが迂回路の扉で間違いないようです。
これで、わざわざ巣を通り抜けずともよくなりました。
さらに、その付近にB4Fへ下りる階段があったため、ショートカットもできるようになり、万々歳です。

ヌシのことは少し釈然としないものが残りますが、とりあえずはB4Fへと歩を進めます。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。