いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

らんだむダンジョン(24)

ある日、いつものごとくダンジョン探索を終えて帰還すると、何やらアナンタたちを頼って情報屋に来ている人物がいるというアナウンスが。
まだレベル88にはなってないため、何のイベントだろう、と向かってみると・・・



20101222100019_20110122120904.jpg

そこにいたのは、何とあのダンジョンの女神さまでした。ホイホイとこんな所に来てしまう女神さま、相変わらず気安いです。
話を聞くに、所持している神器がなんと魔物に奪われてしまい、それが悪い人間の手にでも渡ろうものなら、世界が阿鼻叫喚の地獄絵図と化してしまうだろう、とのこと。
困った女神さまはアナンタたちを頼りにするべく、ここまで来たようです。



20101222100049_20110122120902.jpg

何度かの交流を通じて結構仲良くなっているので、アナンタとしても力を貸すのはやぶさかではありません。
盗まれた神器がどういうものかに関しては頑なに口を閉ざし、追求すると逆ギレしだしたのが若干、いやかなり怪しさ満点なところですが、そんなことされては困るので、とりあえず神器を取り戻すべく出発します。

女神さまに言われた通り、氷のマップにて今まで見たことがない敵が徘徊しているのを発見。
情報屋からも、この敵の情報は手に入れていたので、対策を整えて挑みます。


VS はらぺこイエティ

20101222162052.jpg

とにかく力自慢で攻撃力が強く、バッドステータス解除+攻撃力を上昇させる怪力無双で更にマッシブに。
シズナやアイちゃんは相変わらず打撃耐性のある装備がないので、かなりのダメージを受けることとなります。

20101222162405.jpg

さらに睡眠付きのOD技、終焉の銀幕が厄介でした。
かなりギリギリの戦いとなり、勝てるのかどうか疑わしい展開になったのですが、危ない所で何とか撃破。


そして戦利品として夢の箱なるアイテムをゲット。これが、女神様の言っていた神器なのでしょう。
女神様があれほど言うアイテム、どんな危険なものかと思って説明を見てみると・・・


20101222163038.jpg

・・・。



20101222163105.jpg

女神さま、単におやつが食べられなくなって困っていただけのようです。
嘘をついたことに、さすがにアナンタもおかんむりでした。


20101222163111.jpg
20101222163117.jpg

すでに「お前も今日から友達だ!」なので、ちゃんと言ってくれればそれをむげにするようなことはありません。
女神さまとさらに仲を深め、お詫びとお礼を兼ねて、女神さま秘蔵のおやつをいくつか、更にオルゴールを一つもらいました。
こうして、世界の危機(虫歯という名の)は防がれました。


ちなみに、女神さまからもらったおやつの内の一つ、女神チョコ。これにはアイテムイベントがあったのですが、個人的にかなりお気に入りの内容だったので、比較的ノーカットでお送りしたいと思います。

数種類もらった女神さまのおやつですが、女神チョコの数は3つ。数多の魔物を討伐してきたアナンタたちですが、普段は普通の女の子。当然甘いものはみんな大好きであり、うまく分けないと血で血を洗う争いとなり、だんじょん村が壊滅しかねません。



20110122115217.jpg

何とかうまく分け合うための方法を模索しますが、何と言うことか、ベネッちは辞退。あまつさえ、チョコはビターでないと口に合わないなどと、空前絶後な(他の3人にとって)ことを言い出します。



20110122115223.jpg
20110122115227.jpg

あまりのクールな発言に、アイちゃんも驚愕します。思わずざわ・・・ざわ・・・となるベネッち以外の3人。
そうして、あまりの意識の齟齬にエキサイトする4人。



20110122115232.jpg
20110122115233.jpg
20110122115235.jpg
20110122115236.jpg

この辺、打てば響くようなボケと突っ込みの押収で、非常にお気に入りです。特にベネッちは、元祖ツッコミ役として比類なき活躍を見せてくれました。
もしかしたらベネッちは、苺のショートケーキを一口どうぞと言われたら、てっぺんの苺を食べてしまうようなタイプなのかもしれません。


201101221516000.jpg

ケーキの苺は魂でありハートなので、一口勧められてもそこは食べてはいけません。




そんなこんなで、ついにレベルが88に到達したある日。以前の手紙の一件以来、どうにも元気がないレイチェルを心配するアナンタ。
ここは一つ、何とか元気付けようと思い立ちます。


20101222163622.jpg

丁度そこに、両手いっぱいの手紙を抱えたレイチェルが。手紙は全てブロッコリー村からのもののようで、今までの杞憂が吹き飛ぶかのような量です。
レイチェルもホクホクで、一安心かといったところでしたが・・・


20101222163636.jpg

何と、手紙は全て救援要請。ブロ村の洞窟から魔物が溢れ出てきたため助けて欲しい、といった内容でした。
うすうすプレイヤーとしては予感していましたが、突然の出来事にアナンタたちは色めき立ちます。


20101222163716.jpg

かなりの数の魔物が溢れ出ている様子なのですが、手紙の内容が、何故かレイチェル一人が帰ってきさえすれば全て解決するかのような内容で、戦力となる他の冒険者などには一切触れられていないことなど、どうにもキナ臭い部分がありますが、悩んでいるヒマはなさそうです。
とりあえずは依頼という形で協力してくれる冒険者達も募り、夜が明けてから出発することとなります。
舞台をブロ村に移し、新たなイベントの幕開けです。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。