いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ウィザードリィ外伝・5つの試練 「永遠の守護者」(6)

20110608130052.jpg

魔法剣・エーテルちゃぶ台返し!!

そろそろ勝てるかと思い、以前渓谷で食い散らかされた恐竜に挑んだ所、割とあっさり撃破。
進んだ先では、彼女(?)のものと思しき卵を入手。恐らくイベントアイテムでしょう。
ひとまず保管しておきます。


20110608130146.jpg

また、この直後辺りに古城4Fにて、達人の刀を入手。クリティカル有りで威力も上々です。
これで侍の火力がさらに上昇します。
以前手に入れた十手と合わせると、クリティカル+麻痺を2刀流で繰り出せるという反則気味な仕様に。


続いて、古城2Fに存在する鏡の間と闇の間。まずは鏡の間の入り口を閉ざしていた鉄格子をスイッチで開放します。
スイッチの側には鏡・闇の間を突破するためのヒントがあるため、しっかり見ておきましょう。


20110608131641.jpg

奥まで進むと、祭壇に置かれた赤い水晶を発見しますが、すりぬけてしまって入手不可能。
ここで隣の闇の間の鉄格子が開放されますが、闇の間は前面ダークゾーンとなっており、回転床や一方通行、ピットなどがあり中々歩きづらい構造です。
先に見たメッセージが攻略のヒントとなっているので、内容を思い出せばすぐに突破できるでしょう。
・・・まあ、適当に歩き回ってマップを開けば大体察せられる構造なのですが。

闇の間の一番奥で赤い水晶を発見、こっちは本物なのでようやく入手できます。


さらに、4Fの見えない床にある宝箱から手に入れたさえずりの指輪を持ってある場所に行くと、同階層にいたピアノ男の失せ物に関するヒントが得られます。
ここは漠然と探索していると、うっかり場所を忘れやすいようなところな気がします。というか僕が忘れました。
広くて何もなさそうだからといってマップ埋めを怠ると、見逃すような場所にあるので注意しましょう。

ヒントを得たら、それに従って3Fの捜し物屋へ。


20110609004145.jpg

噂の捜し物屋は、意外な人物・・・というかネズミでした。一件5000Gという結構な額を請求されますが、腕は確かなようです。
というかネズミが何にお金を使うんだろう・・・。


20110609004151.jpg

*画像の答えは捜し物の回答ではありません*

まあお約束ということで。正答を入力すると、あっさり目的のブツが手に入ります。
あのピアノ男は自分で捜し物屋に頼めばよかったのでは・・・


20110609004252.jpg

と、野暮な事をいっても詮無いので、さも自分達の手柄のようにピアノ男へ渡します。
するとお礼として、晩餐会のチケットを入手。これがあると、2F北西にある食堂へ入れるようになります。


20110609004359.jpg

食堂では、以前出会った園芸好きの巨人が。コックも兼任しているようで、多芸な人物のようです。
材料を切らしている、とごちる彼ですが、アロサウルスから奪った(爆)卵を見せると、それを調理してお弁当にしてくれます。
見たところこの卵しか使ってないようなので、全品卵づくしの弁当だと思われます。卵好き狂喜です。
コレステロールの摂りすぎには注意しましょう。

これまでの探索で、4Fにはランチに最適な景色の場所があるのを発見していくので、そこで食べることにします。
こっちのウィズで迷宮ティータイムすることになるとは思いませんでした。



20110609004543.jpg

・・・と思ったら、側の鐘楼に住み着いていた野鳥に、一瞬で食い散らかされました。

これはリアルでも起こりうる現象で、特に観光地のカラスなどは、まさにハンターといった業を持ち合わせており、こちらの一瞬の隙をついて食べ物を掻っ攫っていきます。
子供の頃、こちらが目を離した間に、高空から一気に急降下してスマートに食べ物を盗っていく様は、高度な芸を見ているような気分になったものです。

閑話休題、この騒ぎで脆くなっていた背後の壁が崩れ、鐘楼内部へ踏み込めるようになります。


20110609004705.jpg

鐘楼を降りていくと、2Fの鉄格子に阻まれて今まで行く事のできなかった区画へ降りられます。
そこで、青い水晶を入手。

これと先に手に入れた赤い水晶を、以前謎の騎士を倒した先の地下へ持っていくと、閉ざされた扉が開きます。
これで、ピアノ男が言っていた地下の探索をすることができるように。

古城は大体歩きつくした感じとなるため、ここから地下へと舞台を移す事になります。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。