いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

裏・らんだむダンジョン(35)

20110711100547.jpg

いよいよ古狼退治に乗り出そうと思います。現在のレベルは大体218なので、中々緊迫感のある戦いができるのではないでしょうか。
負けると当然ゲームオーバーになるので、気合も入ります。
解けかかっている封印を解除、古狼んちへと押し入ります。たのもー!


VS 古狼

20110711101117.jpg

その昔、レベル70台の10人ほどの精鋭PTが討伐に向かったもののあっさり壊滅、結局は寿命を迎えるまで手が出せなかったと言われる伝説の魔物。
よほど危険だったのか、念入りに鎖で拘束までしてあります。


20110711101416.jpg

ターンが進むごとにその鎖が千切られていき、能力アップやOD技の追加がされます。
ただでさえ強いのがさらに強化されるので、できれば勝負を急ぎたいところです。

・・・しかし、てっきりイメージからフェンリルのようなものを想像していて、氷属性メインだと思って対策していったら、実は炎属性メインで、魔法で大ダメージを受けました。
それだけで立ってられない展開になったので、一旦出直しました。


20110711104500.jpg

炎の魔法以外に、特にこの攻撃が強力。最大HPが減る上にスリップダメージまで受けるため、後の攻撃での致死率が高まります。
刺突耐性がないとやってられない相手です。そうしてダメージを与えていくと・・・


20110711102643.jpg

キイェェェェシャベッタアァァァァァ!!!

地竜とは違って喋れたようです。その後の会話から、どうも九尾のやりたかった事に関して心当たりがあるようでしたが、肝心な事はわからずじまいでした。

1戦目は負け、2戦目で勝利しましたが、どちらも追加OD技が来る前に勝負が決まってしまったので拝めずじまいでした。
毛玉アタックが強烈すぎるので、あれをどうしのぐかが分かれ目っぽいです。
それでも攻め続ければOD技が飛んでくる前に倒すのは十分可能でした。


20110711104822.jpg

無事討伐できた事を報告しに行くと、どうやら対古狼用に開発していた武器があったようで、報酬としてそれをもらえる事に。
珍しい武器、ゲットだぜ!


20110711104851.jpg

また、これで大物は倒せたものの未だ各地に残る九尾の残党については、不可解な行動を取り始めた隙にあらかた駆逐され、いつのまにか事態は収束していた模様。
九尾の引き起こした事件もこれで万事解決となり、一安心です。
めでたしめでたし。


20110711104920.jpg
20110711104956.jpg

・・・という気分には到底なれないベネット。まるで九尾が最終的には人間のためになるように事を起こしたかのような結末に、行き場のない憤りを隠しきれません。
あれだけ含みのある言動をしてきた九尾と直接接してきた身としては、これで終わるとも思えないベネット。すっかり事件解決で今日も元気だご飯がウマい、なアナンタを尻目に、独自調査を開始します。
シズナさんの方も、以前からたびたび耳にしていたパワーバランスという言葉が気になるため、ベネットに付き合います。



20110711105045.jpg

そもそも表ダンジョンの時から出てきていたこのパワーバランスという言葉。
主に人間と魔物の勢力差を調整するため、特に人間側が有利な時には魔王などのビッグネーム、最終的にはアジ・ダハーカが現れます。
単に偶然ではなく、決まってそういう時期に現れていること、引いてはそれには何か大きな力が働いているのが感じられるという事が、ベネット調べによってもわかりました。


20110711105124.jpg

そして、勢力差の傾きが激しければ激しいほど、それを戻そうとする働きが大きくなるのは自明の理。
九尾が狙っていたのはそういった大混乱であったとも想像できますが、現在はアナンタ達によって六魔は全て駆逐され(クラーケンパパは凶暴性を失くしているので実質ノーカン)、次席にあたる大物の魔物も、共食い&その隙を突いた人間側の反撃によりこちらもあらかた駆逐済み。
傾きを修正するにしても、その手段が失われている状況です。


20110711105157.jpg
20110711105214.jpg

と、煮詰まったベネッちにシズナさんから合いの手が。
今までは主に種族に対してパワーバランスの修正が行われていましたが、今回のパワーバランスを崩した原因は、ダハーカを含む六魔を全て倒したアナンタ達のパーティに集約されています。
今回世界の修正する力が向くとすれば、それはアナンタ達。九尾はその世界と呼ばれる何かに因縁があり、それとアナンタ達を戦わせるよう仕向けたのかもしれない、というシズナさんの推測。

と、そこで地震が発生。最近多発している様子ですが、どうもだんじょん村周辺でしか起こっていないようで、これにも何か不穏なものが感じられます。
とりあえず避難する二人でしたが、あらかた村人が避難場所に集まっても、アナンタだけが姿を見せません。
放っておくわけにもいかないので、揺れが少ないうちにとベネットが探しに向かいます。


20110711105406.jpg
20110711105420.jpg

ほどなくしてアナンタを見つけられましたが、その場所は表ダンジョン、アジ・ダハーカがいたフロア手前直通の魔方陣。
何か呼んでいるような声がしたので、声のする方へ向かったらここだった、と語るアナンタ。
ちょっと行ってみっか、と安易に足を突っ込もうとするアナンタですが、この場面でそれはどう考えても死亡フラグなので慌てて止めます。

いよいよな雰囲気となってきて、クライマックスは近そうです。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。