いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

らんだむダンジョン・PW(7)

追加ボスという強敵を倒したところで、波に乗ってストーリーを進めていきます。

20110724114945.jpg

PWで新たに開放したポイントはここ、追憶の神殿(海)。ここは展開上攻略必須の場所の模様。
この後のイベント戦闘に負けるとゲームオーバーという説明もあり、気合を入れて望まねばなりませんな。
早速内部のワープポイントで跳んでみると・・・


20110724115114.jpg

気がつくと、見知らぬ場所の暖炉の中。しかし周囲を探索する間もなく、助けを求められます。どうも魔物に襲撃を受けているようです。
戦闘自体は雑魚戦と変わらないため、カットします。


20110724115223.jpg
20110724115225.jpg

一息ついたところで話を聞いてみると、ここは船上。そして彼らは、伝説の海賊エル・ドラコ率いるドレーク海賊団だとの事。
表ダンジョンでボスとして戦い、レア武器ドレークレイピアを手に入れ、その後のイベントで最終的にアイちゃんが天丼を食べ損ねた顛末が思い出されます。
パラレルワールドだけの事はあり、こういう歴史の一端に触れるアトラクションも準備されているようです。ウチの女神さまパネェ。

しかし史実通りならこの船は沈没する運命であり、のんびりもしていられません。船全体に魔物が沸いている状態のようで、人命救助と安全確保をかねてアナンタ達も彼らに協力します。
しかし人助けにノリノリなアナンタに対して、海賊に情けをかけることに懐疑的なベネットは乗り気でない様子。


20110724115333.jpg
20110724115403.jpg

そんな4人の前に突然姿を表すアオボシ、もといセドナ。見敵必捕!!とばかりにアナンタが飛びかかりますが、どうやら幻影らしく、触れることができません。


20110724115405.jpg

そして意味深なことを呟いたかと思うと、またすぐに姿を消します。この惨状の原因はセドナなのか?という疑問が沸きますが、一々詮索するヒマもなさそうで、いよいよ行動へ移ります。
敵の強さと移動速度は大したことがありませんが、通路が狭いので避けづらいです。この後のボス戦を考えると、あまり消耗もしたくないところ。


20110724115842.jpg

残念ながら生き残りは先程の海賊以外は一人しか確認できず、隣の宝物庫を守りに行った副船長も時すでに遅し。
一応オブジェクトを調べてみると、いくらかアイテムやお金が手に入りました。こ、これはいわゆる火事場ドロ・・・!
い、いや僕は当然の作法として調べただけですし!黙って懐に収めたのはアナンタですし!ベネっちも何もいいませんでしたし!俺は悪くねぇですしおすし!


20110724120128.jpg

魔物ひしめく船内を突破して甲板へ出ると、そこには船長が。彼がかのドレーク船長本人のようです。
キャー歴史上の有名人よ!サインくれサイン!!


20110724120159.jpg
20110724120204.jpg

と興奮するもつかの間、またもや姿を表すセドナ。やはり彼女が元凶なのかと思いきや、これは海賊達の心が引き起こした怪異だと言います。
彼らドレーク海賊団は私掠船として国では英雄扱いなものの、やっていることは結局は略奪。その罪悪感によって魔物が引き寄せられた、との事。
なら何が目的で現れたのか、と当然の疑問が沸きますが、それには答えず姿を消し、高みの見物を決め込むセドナ。
そして、急に空に暗雲が立ち込めます。


20110724120229.jpg
20110724120233.jpg

そして船長が、出来れば聞きたくなかったような事を口にします。この海域に伝わる伝説の水王、ダゴンの伝説。
アナンタ達の世界の水王はクラーケンパパでしたが、歴史上ではダゴンに全盛期のクラーケンパパが喧嘩を売って勝利、世代交代したとされているようです。
ならば当然、ここに現れるのは・・・


VS 旧王ダゴン

20110724120243.jpg

深遠より這いよる、古きものども。クトゥルフ関係でもトップクラスの存在が、ここに姿を見せました。
古代パレスチナの神様というのが元らしいですが、ゲーム関係だとそちらの方が有名なのでしょうか。
正直ラスボスでもいいようなグラフィックで、本来ならその姿を見ただけでSAN値直葬なのでしょうが、とりあえずそういう事はないようで安心です。ああ、窓に!窓に!


20110724120414.jpg
20110724120507.jpg

強さも当然極上で、斬撃・刺突の打撃や水属性の攻撃がメイン。疫病などの、嫌らしい攻撃も使用します。特に斬撃が痛く、一気に半分近くHPを持っていかれます。
た、耐性がある防具装備させてなかった!やばいよやばいよ!!


20110724120352.jpg

圧倒的な強さとデカさに、ガイア以来の戦慄が4人に走ります。かなりのピンチですが、ドレーク船長以下に何か考えがあるようで、アナンタのスキルでヤツを引きつけ、左舷まで引き寄せて欲しい、と頼まれます。
とりあえず彼らを信じ、しばらくの間アナンタのスキルで引きつけ、粘る事となります。とにかく敵の火力が高いため、アナンタの防御を底上げしまくり、防御で耐えるのが無難のようです。
数ターン耐え、ダゴンを何とか引き寄せると・・・


20110724120749.jpg

突然響きわたる怒号。船に備え付けられたカノン砲が炸裂します。これはかなりのダメージで、一気に敵を削ることができます。
左舷弾幕薄いよ、何やってんの!というオチにはならず、安心です。


20110724121339.jpg
20110724121341.jpg

そうしてひとしきりカノン砲で相手が弱ると、ここで弾切れ。後はアナンタ達がふんばる事になります。
しかしダゴンも捨て身の体勢で、攻撃力が更に上昇するため、最後まで気が抜けません。斬撃などの耐性なし+防御低下状態だと、1万を越えるダメージを受ける事もあり、ここで一気に崩れる可能性もなきにしもあらず。
アイテム使いまくりで何とか一発で勝てましたが、斬撃・刺突・水の耐性だけは欠かさず行った方がいいようです。

ていうかこれをタイマンで下したクラーケンパパマジパネェ・・・。全盛期はどんだけ凄かったんですか。


20110724121618.jpg
20110724121625.jpg

どうにかダゴンを退けたものの、生き残った海賊達はわずか3名。船にも大打撃を受け、更にセドナが指摘した通り、海賊たちのSAN値も、罪悪感からすでに限界。
海賊稼業はとても続けられませんが、そのまま国に戻って海賊やめますと言うわけにもいかず、進退極まります。


20110724121635.jpg
20110724121652.jpg
20110724121703.jpg

そこへ、あらあら~なノリで逃げる事を提案するシズナさん。どの道3人しかいないのでは私掠船としてはすでに機能せず、ベネっちの後押しもあり、逃げる事も戦いだと決意を新たにする海賊達。
お通夜ムードが一変、一気に希望に溢れる眼差しへ変わります。


20110724121806.jpg
20110724121808.jpg

そこへ、ウチの女神さまから連絡が入ります。今までコンタクトがとれなかったのがようやくつながったようで、これでアナンタ達も帰る事ができるようです。
すっかり前向きになった海賊たちに水をさすのも悪いため、黙って立ち去るアナンタ達。女前です。


20110724121810.jpg

彼らのこれからの航海に幸あれ!

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

ダゴン戦は予想外すぎて耐性準備してなかったので苦戦しました。
いつかこの人たちのafterがわかると嬉しいなぁ。
  • とおりすぎた人 
  • URL 
  • at 2011.11.13 14:56 
  • [編集]

NoTitle 

とおりすぎた人様>
僕も全く予想してなかったクチです・・・が、(海)って書いてるんだからせめて水耐性だけでも準備しておきなさい、みたいな配慮だったのかもしれません・・・舞台も船上ですし・・・。

ちょっとしたおまけでその後があったりすると嬉しいですね、全体マップの隅っこあたりの小島に開放ポイントがあったりで(笑)
  • 天河 
  • URL 
  • at 2011.11.16 12:54 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。