いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

エルミナージュ3(22)*死闘!闇域直系の大魔公!*

東、西、中央の大魔公を全て倒し、残るは北部の大魔公です。


EL2SS_111124_014233.png

入ってすぐこんなメッセージが出ますが、ここに待ち受ける大魔公は、暗域直系とされる種で、大魔公の中でも特に恐れられる存在。
遥か昔には、暗域と呼ばれる場所から闇の眷属が生まれていましたが、多数の大地が神々によって生み出されるにつれ、そこの種と交わる事で、いわゆる血が薄れていきました。
さらに暗域がいつからかフェードアウトしていき、そこへ行き来する方法なども失われたため、直系といわれる種はその数を減らしていきます。
しかしその実力は抜きん出ており、闇の眷属の支配階級の中でも頂点に君臨しています。

暗域の王ヌンブラ=マレムが覚醒した現在、まずそれに呼応するのが直系だろうと言われていますが、その強さから直系でない種を見下す傾向があり、思うところがある大魔公や闇の眷属も少なくないとか。
前作2であった、シャンティーバとアニマシエ&ベリー・ドロメア達の一件などが、その最たるものでしょう。
この辺りで勢力争いがどうなってくるのか・・・というのが、現在の闇の眷属である模様です。

・・・という感じで、ざっくりと説明してみました。間違ってたらごめんなさい。
それはそれとして、早速大魔公と戦っていきます。とはいえ、ここの連中ははっきりいって周回前提な強さなため、レベルが700とかそのへんのキチ〇イじみた連中ばかり。まともにやりあっては、勝ちの目は薄いです。
なので、基本的には僧侶のイムルアラティ→魔術師のジアカラドというコンボを前提に戦っていきます。
仕留めきれなければまた次のターンでジアカラド。それ以外のメンバーは全力で僧侶と魔術師を守る・・・というスタイルです。

また、召喚モンスターとして霊系モンスター最上位のマヨカルと契約、霊にダメージが通らないエンドワーズで経験値稼ぎを行なっています。
なのでこちらのレベルも上がっているのですが、そんな事より、このマヨカルが後にミラクルを起こす羽目になろうとは、この時は知る由もなかったのです・・・。


VS *引き継ぐもの* ダヌェー

EL2SS_111124_105844.png

青い方の首に飲み込まれたものは養分を吸い取られ衰弱してしまいますが、赤い方に飲み込まれれば元通り回復するという蛇。
しかし赤い方から出た瞬間青い方に飲み込まれるため、永遠に餌となる運命だという、恐ろしい蛇。

使用スキルは引き寄せ、瘴怪波のみ。しかし、EXスキルの闇の奔流、破滅の烙印が重複するため、一撃で1000をゆうに越えるダメージを与えてきます。
侍で無効化を狙いたいところですが、つばめ殺し(つばめ返し無効化)という恐怖のスキルを所持。
やってられるか!どんだけ前衛職に無理を強いるんだエルミ3!

幸いスキルの使用頻度が高いですが、殴られればまず一撃で死にます。基本的に前衛は食いしばりが必須です。
HPは4000程度と、北の大魔公の中では最も低く、イムルアラティ→ジアカラドで確殺がたやすいです。
よほど運が悪くなければ、死者が出ても勝つ事自体は難しくないと思われます。

これに勝ちました!という話を聞いたらよかっダヌェー、というのが一時期自分の中で流行っていました。どうでもいいですね。


*探求するもの* タイザルティ

EL2SS_111124_110507.png

見てのとおり(?)ウミウシですが、その実力は伝説に語られるほどだとか。統率力にも優れており、出会った冒険者達を仲間に勧誘、試験と称して戦いを始めるなど、人材発掘にも余念がありません。
神々にとっては頭の痛い相手といったところでしょうか。

武器防具破壊に即死ブレス、瘴怪波、吸い付き、マインドクラッシュなど、こちらは多彩なスキルを使用します。
HPも最高で9000以上と高め、100~200のレベルでは、コンボを決めても1ターンキルは難しいです。


EL2SS_111124_110807.png

まあそんなことより打撃が怖いんですが。正直僧侶で削ったあとは、魔術師が倒れない事を天に祈るしかありません。
全滅しそうになったら遠慮なくウルマクル→健康と復活を選択。え?それが出なかったら?全滅すればいいんじゃないかな。
お金さえあれば、寺院の死体回収で確実に救助できるため、こういう危ない橋も渡り放題という寸法さ。
実は一番強いのはその死体回収してる人達なんじゃないかという疑念を抱きますね。
うまいこと魔術師を死なせないように立ち回り、どうにかこうにか勝利しました。


VS *断ち切るもの* エビラハン

EL2SS_111124_111239.png

降魔調伏ならぬ降聖調伏を行う、闇の導師。アゴがヴァー!と開いている間はまさに悪鬼羅刹のごとし立ち回りを見せるそうですが、手動でフゴ!と閉じてやれば惨劇を回避できるとか。
まあそんな事できるレベルの存在がそもそも稀有という話ですが。

一番苦労しました。多分3体中最強だと思います。闇の奔流はもちろんのこと、首斬り率が非常に高く、おまけにつばめ返し持ち。
殺しの方はないので、侍なら立ち向かえないこともないですが、そもそもレベルが700オーバーとまともに挑むには無理なつばめ返し率なので、殴りかかるのは無謀でしょう。


EL2SS_111124_112337.png

一度だけ奇跡的にデューク君が頑張ってくれましたが、この後の結果は・・・でした。仕方ないね。

彼を難敵たらしめているのがEXスキル暗殺の効果で、与えるダメージが減ってしまうため。
精霊契約ジアカラドでも500以下のダメージとなってしまうことがあり、かなり厳しい展開となります。
おまけに再生で毎ターン400ほど回復するため、せっかくイムルアラティで削っても、あれよあれよと回復されてしまう始末。
お邪魔タックルがあったほうが楽に戦えるでしょう。


EL2SS_111124_112038.png
EL2SS_111124_112206.png

諦めずにウルマクルで粘りまくりますが、呪文を無効化されたりカスダメージだったりと、中々決定打を打てません。
イムルアラティで与えるダメージも1000を切っており、後一息なのに・・・!
徐々にジリ貧となってきており、こりゃリセットしてやり直すしかないか、と思い始めた矢先・・・!!


EL2SS_111124_112542.png
EL2SS_111124_112549.png

マヨカアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァル!!!!!

マヨカルGJ!まじグッジョブ!!


何度目かの召喚しなおしで呼び出したマヨカルが、まさかの快挙。
戦闘が長引いた事により、ゼオナダルの威力が上昇していたため、これでトドメとなりました。
諦めたらそこで試合終了という言葉を実感する戦闘でありました。

これで北の大魔公も全て撃破できました。一応この先の段階に進む条件も達したわけですが、どうするか・・・。
大人しく周回するか、それともなんとかしてレベルを上げて先に進むか・・・。
悩ましいところです。

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

北の大魔公撃破、やっダヌェ~(笑)。
対老刃のマヨカルは大金星でしたね。
ウルマクル使ってるのに、最後に死んでて経験値が貰えなかったデューク君に涙。
  • ぐれた 
  • URL 
  • at 2011.12.21 20:34 
  • [編集]

NoTitle 

ぐれた様>
ありがとダヌェ~(無理矢理

マヨカルさんはほんとやってくれましたね。まさかあんなことになろうとは・・・。
デューク君は確かにレベルが下がるだけになってしまいました(苦笑)
ただまあこの辺になるともう1レベルとかはどうでもよくなってきますねぇ・・・。
  • 天河 
  • URL 
  • at 2011.12.23 16:00 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。