いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

らんだむダンジョン・PW(15)*TRUST YOU FOREVER*

シャドウビーストを倒し、更に奥へと進んでいきます。
進んだ先にはやや心もとない印象のある吊り橋が。うっかり足を踏み外したりしないよう、注意して進まねばなりません。


WS000009.jpg

しかし、4人が渡り終えたところで、派手に崩れ落ちる吊り橋。最後尾を歩いていたハールバルズさんの安否が気遣われますが、そこには不敵に笑う老戦士の姿が。
ぶっちゃけメタ的には怪しいと思いつつ、そうであって欲しくないなあと思っていましたが、やはり・・・。


WS000011.jpg
WS000021.jpg

そして駆けてくる推定天使らしき人物に、オーディンと呼ばれるハールバルズ。鬼が出るか蛇が出るか、と思っていたら神が出ました。しかも、かなりのビッグネームです。
なお、ハールバルズという名前も、実際の北欧神話でオーディンが使った事のある偽名であるようで、装備や容姿と合せ、わかる人には最初から激しくネタバレワロスだったようです。

彼、オーディンはこの戦いを神々の威厳を保つためのものとし、犠牲を厭わず勝利すると宣言。
最悪の場合、人質となっている春の女神もろとも、セドナを討伐するつもりのよう。そのための障害となるアナンタ達を、それまでこの洞窟に足止めするつもりの様子。
橋が落とされてしまったため、徒歩では戻れず、テレポートも特殊な力で封印されてしまっています。
このままでは全面戦争に突入してしまい、一番の懸案であった、開いたポストを狙っての四季戦争の再来となってしまいます。
大ピンチです。


WS000039.jpg

しかし、そこに突然やってくる、アリサとカンヘル。
どうやら、表ダンジョンでのアジ・ダハーカとの決戦に際して、アリサを焚きつけてアナンタを始末させようとしたのがこのオーディンであった模様。
今回の事件を調査していたカンヘルから話を聞いたらしく、かつての借りを返すべくここに急行してきたようです。


WS000054.jpg
WS000058.jpg

カンヘルは立場的にここで戦ってしまうのは色々と問題がありますが、アリサの方はかつての確執の事もあり、敵意を抑えられそうにありません。
さすがにこの二人だけでは止められない、と判断したアナンタ、ベネっちの背を借りて一気にジャンプ。クレバスを飛び越えます。身体能力に優れるアナンタならではの芸当です。
アナンタに手を出されれば反射的に手を出してしまうかもしれない、とうまく立ち回るカンヘルも加え、3人でオーディンへ挑む事に。
戦力的には激減していますが、ここで止められなければ非常にまずい状況。やるしかない・・・!


VS 神・オーディン

WS000060.jpg

現実の神話(というと何だか変な感じですが)でも割と知名度の高い、北欧神話の主神。
手にした槍も本来の力を発揮したのか、錆びていたものが王槍グングニルとして顕現。見違えるほどの神々しさです。
以前にオーディンランスなる、どう見てもおでんの串なネタ武器は登場していましたが、あれはあくまでネタ武器でしかなかったようです。


WS000068.jpg

仲間になっていた時同様、手にした槍での堅実なラッシュが強烈ですが、何より特筆すべきなのがその防御力。
正に鉄壁で、攻撃力に優れるアナンタやカンヘルが、全くダメージを与える事ができません。
なぜかアリサだけはかろうじてダメージを与えられているものの、それも足止めにもなっていないダメージ量。
絶望的な力の差です。

WS000070.jpg

数多の敵を倒し、六魔を討ち、ガイアすら打ち破ってきたアナンタ。決して慢心していたわけでもありませんでしたが、戦士として揺るぎない自信があったのも事実。
しかしここに来て、自分の得手である物理攻撃が全く通用しない相手が現れた事に大きな衝撃を受けます。
物理攻撃が通用しない以上、生粋の戦士に勝ち目はありません。為すすべなく敗れるアナンタ。
肉体面以上に、精神的なダメージも大きいです。


WS000096.jpg
WS000097.jpg

これだけ力を見せつければ十分と、その場から立ち去るオーディン。この場では止められませんでしたが、指を加えて見ているわけには行きません。
正面切って戦えば全面戦争となってしまうため、しばらくの間オーディン軍を足止めすべく、ラヴァーズ様が兵を動かす事に。
アナンタ達は、それに乗って何とか自体の収束に努力する形となります。
テレポートを邪魔していた原因は、カンヘルによって取り除かれ、休息をかねて一度帰還することに。
かつてないほど落ち込んでいるアナンタが気がかりではありますが・・・。


WS000115.jpg
WS000116.jpg

宿に戻ってみると、何やら岩を砕いて回るアナンタの姿が。落ち込んでいるかと思いきや、来るべき決戦に備え、特訓を行なっていた様子。
心配は杞憂だったようで、わざわざ様子を身に来たアリサも逆に呆れ顔になるほどのポジティブさです。

そこで、ふと気になっていた事をアリサに問うアナンタ。それは、自分もカンヘルもダメージを与えられなかったオーディンに、唯一ダメージを与えていた事。
どうやら、かつてアナンタを倒すべく預けられた魔剣の攻撃力によるものらしく、現在アナンタ達が所持している伝説クラスの武器と比較して、なおそれを上回る威力を有している様子。
使い続ければ自我が侵食されるという、極めつけの魔剣でもあるようですが、それを制御するアリサも、決して凡庸ではない実力の持ち主です。


WS000129.jpg
WS000131.jpg

そんな話を聞けば、普通は武器の性能に目が行くものですが、我らが主人公アナンタはどこまでも前向き。
魔剣を使いこなすアリサの実力を素直に認め、かつ武器の力に頼ることなく、あくまで自分の力でそれに近づこうとします。
そんなひたむきな様子を見たアリサ、何か考えていた事があった様子。何やらアナンタに渡すものがあると言います。

それは、これまでずっと自らが持ち続けていた魔剣。銘をダインスレイブ
そもそも、この剣を今まで持ち続けていたのは、その力が惜しかった事ももちろんあるものの、自分を利用したオーディンを自分自身の力で打ち倒し、剣を突き返してやるため。
何とか見返してやってすっきりと終わらせたかった、とアリサは語ります。


WS000143.jpg
WS000146.jpg

しかし、実際に戦ってみて得たのは、絶望的なまでの実力差。人を超人にしてくれる魔剣ではありますが、それでは足りない。しかし、元々の超人が超人になれる魔剣を使えばあるいは・・・。


WS000153.jpg

もちろん、目標を諦めたわけではないアリサ。
今この剣を振るうべきはアナンタだと、そう判断し、自らの想いごと託します。負けるな魔剣道!


WS000159.jpg
WS000161.jpg

そんなアリサにアナンタも応え、いつかもっと強くなったアリサと再戦する約束を取り付けます。
あの時は闇討ちも同然でしたが、次はきちんとした勝負。考え方の違いで殺し合う羽目になってしまった二人は、いつの間にか良きライバルとなっていました。

ぶつかりあう事で、深く結びつく友情。
傷ついた事は、無駄じゃなかったね!
(G〇ンダムのOP風に)

そしてしばらくして、カンヘルからの手紙が届きます。それによれば、いよいよオーディンが兵を動かしたとの事。
ラヴァーズ様もそれを阻止すべく挙兵。当初の目的通り、足止めに徹するとのこと。
アナンタ達の合流を待って、本格的に動く事となります。
いよいよ決戦です。


WS000169.jpg

そして託された魔剣。これで準備も整いました。
もう、何も怖くない!

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

あれ、ページ下の「古」を押したのに、また同じ記事が……?

と思ったらまさかのリアルタイム更新の現場に立ち会ってしまっていたようです。

ご無沙汰しておりました。
いよいよ、本当にいよいよらんだむダンジョンも佳境ですね。
  • 通りすがり 
  • URL 
  • at 2012.01.17 22:10 
  • [編集]

NoTitle 

通りすがり様>
ご無沙汰しております。リアルタイム更新に立ち会うとなるとかなりの確率ですね。貴重な運を使わせてしまったようで申し訳ない(笑)

牛歩になってしまいましたが、ようやく終わりが見えてきましたね。
アナンタ達には別ゲームでまだ付き合ってもらうつもりではありますが(爆)、最初に宣言した通りアバロンの詩人のごとく最後までやり抜く所存です。

  • 天河 
  • URL 
  • at 2012.01.17 22:31 
  • [編集]

NoTitle 

二人のライバル関係に感動・・・。

しかしアナンタ・・・岩割りって・・・。
いつか山割りとか言い出しそうで怖い。
  • とおりすぎた人 
  • URL 
  • at 2012.01.19 13:23 
  • [編集]

NoTitle 

とおりすぎた人様>
実に少年誌的なライバル関係で爽やかですよね。

むしろ地球割りでしょう、ア〇レちゃんのごとく(笑)

♪みーんなあつーまれー だんじょんむーらーにー
どーんなことがー おこるかなー
それゆけイシシシ おたのしみ

  • 天河 
  • URL 
  • at 2012.01.19 14:28 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。