いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

らんだむダンジョン・PW(18-1)*僕の名前を呼んで あの日のように笑いかけて* 

準備を整え、いよいよセドナの元へ突入します。

転移した先は、まるで異次元。ウチの女神さまが言っていた通り、次元の裂け目が広がりつつあり、その中心部であるこの場所は、もはやまともな空間ではなくなっている模様。
時間をおけば、残った足場も全て消えてしまう事が予想されます。


WS000009_20120219125516.jpg

そして、そんな場所に佇むセドナ。オーディンの言っていた通り、自らと全力で戦い、力で春の女神を取り戻すよう迫ります。
凍らされた春の女神の元へ行く足場はすでに崩れさっており、急いで助け出さなければ、諸共に次元の裂け目に飲み込まれてしまうこと必至。
セドナにどいてもらわなければ、そこへたどり着くこともできません。


WS000034_20120219125515.jpg
WS000035.jpg

しかし、アナンタの考えは別。PWでの行動から、セドナが無意識に抱えていたであろう想いに気づいたアナンタ。
いまだ自覚のない願いに気づいてもらうべく、まずは言葉でぶつかっていきます。


WS000037_20120219125513.jpg
WS000038_20120219125513.jpg

力が全てだった時代の神として生まれ、それを当然として生きながら、その見た目相応に繊細さも持ち合わせていたセドナ。
孤独を感じながらも、戦う事しか知らなかったがために孤独であるしかなかった冬の女神。
春の女神が今回戦わなかった理由もそこにあると、アナンタは訴えかけます。
しかし、想像もつかないほどの年月を孤独に過ごしてきたためか、セドナの心は予想以上に頑なでした。
やはりただ言葉をつくすだけでは届かないのか、アナンタ達の戦意を煽るべく、姿を変えて襲いかかってきます。


VS 冬の女神セドナ

WS000047_20120219131851.jpg
WS000048_20120219131850.jpg

禍々しく姿を変えたセドナ。今は戦うしかありません。しかし、それは憎しみや奪うためだけでするものではないこと。
伝えたいもののためにもできる事なのだとわかってもらうため、アナンタは剣をとります。


WS000052_20120219131703.jpg

戦闘開始と同時に、セドナはまず3体の4季の魂を召喚。それぞれ属性魔法で攻撃してきます。
セドナ自身も、以前に戦ったときと同様の攻撃を繰り出してくるため、ダメージはかなりのもの。各種属性や、睡眠・麻痺の対策はかかせません。
そうしてしばらく戦うも、殺意のないアナンタ達に不服を覚えるセドナ。あくまで死闘を望む彼女は、これ以上何をすればアナンタ達が本気になるか、と迫りますが・・・


WS000066.jpg

セドナが、なぜアオボシと名乗っていたのか。アオボシとは大犬座のシリウス。冬の夜空に最も輝く星の名前。
その名の由来を調べていたアナンタは、セドナ自身が気づいていない真意に更に訴えかけます。


WS000070_20120219131701.jpg
WS000071.jpg

それでも、未だ頑ななまま、あくまで友達を連れ戻しに来たと言うアナンタを理解できず、拒むしかないセドナ。
やはり相手の土俵、闘うことで想いを伝えるしかないようです。
ここからは、互いに死力を尽くしての戦闘となります。


WS000083.jpg

そして、セドナは突如四期の魂を解除。代わりに、自身の能力をブーストするスキルを使用。
一気に強化されるため、ベネットがしっかり能力ダウンさせていかないと、一気に押し切られそうな勢いです。


WS000089_20120219133939.jpg

おまけにもはや定番となった弱点強制付与も。これがかなり強烈で、対策していても痛いものが、下手をすると即死級のダメージを受けるように。シズナさん大忙しです。リカバーが切れた瞬間、勝敗が決しそうな様相を呈してきます。
そしてまだ終わらないセドナの猛攻。

WS000092.jpg

新たに、シリウスの星を召喚。これが使用するスキルにより、ほぼ全ての強化系スキルが解除されます。
シズナさんの精霊の加護すら解除されるため、ダメージを低減することはほぼ不可能となり、いつ全滅してもおかしくない戦況に。
アイちゃんの永遠の悪童、シズナさんの玄風の守りあたりが唯一解除されないようなので、この辺を維持しつつ攻撃を加え続けるしかないようです。
自分の場合はシリウスに構ってるヒマはないと判断、セドナに攻撃を集中させ、どうにかこうにか撃破。
正直どうやって勝ったか思い出せないようなギリギリな内容でした。


お互い死力を尽くした末、ようやく気がすんだか、動きを止めたかに見えるセドナ。
無防備に近づこうとするアナンタに、なおもその爪を振りかざそうとしますが、すんでのところでためらいを見せ、手を止めます。


WS000103.jpg

最初に出会った頃は、あくまでアナンタ達の力を惜しんで潰す事をためらったセドナ。しかし今回は、その時とは違う感情からのためらいでした。
それこそがアナンタ達の伝えたかったものだと、ようやく理解してくれたか、ここでセドナ自身、心からアナンタを友と呼びます。
春の女神もセドナの手により返還され、ようやく今回の事件も終息を見せました。


WS000110.jpg
WS000113.jpg

今後の処遇についても、アナンタ達に任せる、という方向に落ち着き、一安心です。
ベネっちとのやりとりについては、思わずお前が言うな的なツッコミをしそうになりますが、感動的なシーンなので黙っておきます。
これで、全員揃って凱旋できるかと思われましたが・・・


WS000121.jpg

未だ次元の裂け目は拡張を続けており、このまま放って帰るわけにはいかない危険な状態。
これ以上の拡張を防ぐため、自分だけははここに残ると申し出るセドナ。
ベネットはその様子に不穏なものを感じますが、必ず戻るという言葉を信じ、後を託します。



WS000137.jpg
WS000138.jpg

・・・しかし、予感はやはり的中。後の事など考えていなかったセドナ、思いもよらなかった結末を迎えてしまい、自嘲気味に心境を述懐します。
せっかく出来た居場所を、早々に手放すこととなってしまい、何とも言えない想いをにじませます。


WS000141.jpg
WS000142.jpg

最初で最後の友達に向け、思わず謝罪をつぶやくセドナ。そのまま次元の裂け目に飲み込まれ・・・るかに見えたところ、風の勢いで飛び込んでくる謎の人影。
そして・・・

次で、いよいよ顛末となりそうです。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。