いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

エルミナージュゴシック(1)

ELM-G_120526_144114.jpg
ながい たびが はじまる・・・

というわけで、ついにエルミナージュゴシックが発売されました。色々期待と不安が入り交じった心境ではありますが、まずは遊んでみなければ始まらないので、早速プレイしていきたいと思います。


ELM-G_120525_145615.jpg

まずはプロローグ。平和だった王国に不穏な噂が流れ始める、というプレイヤーにとってはいつも通りな展開。
早速これまたいつも通り、訓練所に赴き冒険者を作成、ドンドゥンの酒場にてPTを編成します。


ELM-G_120526_144139.jpg

ドンドゥン飲んでいってくれよな!


EL2SS_120526_143523.jpg

どんどぅーん!!


ELM-G_120525_150326.jpg

PTを組んで酒場から出ると、なにやら王様からの布告が。
国境に位置するツン・クーン洞窟に、魔物が徘徊するようになったため、その調査員を募るとのこと。
怪異と聞けば黙ってられないのが冒険者。ここは我々の出番です。


ELM-G_120525_174147.jpg

そして今回初期メンバーはこんな感じに。珍しく前衛は男達が頑張る構成になりました。
ちなみに今回は次代の書での引継ぎなどはなく、ボーナスポイントなしで全ての職に就ける、というシステムはないため、デューク君は戦士、ニーナさんは僧侶で開始しました。
粘ってみたものの、ボーナスポイントがかなりきつかったため、最初から上級職は断念しました。
種族に関しても、デビリッシュや魔傀儡が削られていますが、そういうキャラはイメージの近い種族で代用していきます。
ゲーム的には人間でも、僕の中ではデビリッシュや魔傀儡です。

あと今回、種族ごとに年齢の下限~上限値がかなり異なっています。
どういうことかというと、人間は10~60歳、エルフは15~500歳という感じです。
エルフとかおかしくねえ?と思われる方もいるかもしれませんが、古典のファンタジーだとエルフやドワーフは著しく長命なので、それを意識した設定でしょうか。
エルフで♀100歳とかでも種族としては小娘なので、目に見えるものだけに囚われずにキャラクリしたほうがいいと思います。
ロードス島戦記のディードリットさんも実年齢は・・・おや、誰か来たようだ・・・

他には、EXスキルが初期作成時以外では転職時にしか選択できない、という点でしょうか。
その代わり、職業ごとに選べるスキルの種類がかなり緩和されているので(戦士でも精霊契約や魔術の真髄、魔術師でも食いしばりなどを習得可能に)、自由度は上がっているでしょうか。
後はみんなが切望したつばめ殺しが導入されています。やったね!


ELM-G_120525_174756.jpg

そして件のツン・クーン洞窟へ。少し進むなり、怯えた様子で一目散に逃げ去るご同業の方々。
やばそうな雰囲気です。
それとSSだとかなり暗くてよくわからないような感じですが、実際プレイしてるとそうでもありませんでした。
最初の部屋には、すぐ側に綺麗な泉が。飲んでみましたが、無難に体力回復の効果が。
ゲームのプレイムービーだと嫌な感じの書かれかたでしたが、さすがにいきなり毒の泉とか仕込むほど✩魚さんも鬼畜ではなかったようです。

そして次の部屋に進むべく扉を開けると、早速敵が出現!


ELM-G_120525_175122.jpg

・・・多い。そしていきなり奇襲されて死にそうに。
運も良かったかどうにか死者を出さず切り抜けましたが、基本的に敵の数が多いです。
難易度としては、初代ウィズの♯1~3に近いものを感じました。
さすがにすぐに呪文も使い果たしたため、一旦退却。


ELM-G_120525_175402.jpg

定石どおり馬小屋に泊まると、こんな表示が。今回は、一人でも宿屋に泊まるときっちり時間が経過するようです。
他にも、ダンジョンに移動しただけで1~3日経過するようで、年齢的に厳しくなってきそうな予感がします。
よほど高齢のキャラでプレイしているとかでもない限り、そこまで神経質になる必要なないかと思われますが・・・。

その後、何度か戦闘を繰り返し、死者を出すことなく無事レベル2に。こうなると少し余裕も出てくるもので、PTメンバーを追加して色々試してみます。
とりあえず遊楽者のシーリアと闘士のファムをお試し。

今回少し打撃の命中率が悪いらしく、ただ殴るだけでは戦士とかでもあまり当てられません。
さらにメイス系は軒並み命中修正が-なので、前衛僧侶はかなり厳しい印象です。
商店の初期ラインナップには、敵全体のACを弱体化させる驚きラッパが一個だけあるので、これを活用しようというハラです。
2300Gとお高めですが、宝箱をしっかり開けていればお金は割とすぐ貯まっていきます。(死者が出なければ)


ELM-G_120526_004354.jpg

・・・が、壊れる。
今回はアイテムが壊れる、と聞いてはいたものの、まさか楽器まで壊れるとは思っていませんでした。
続けて使用できている時もあれば、一発で壊れることもあり、体感としては破損率10~30%くらいのような気がします。
壊れるといってもアイテムがなくなるわけではなく、いわゆる武器防具破壊能力で壊されたのと同じで、商店でお金を払うか錬金術魔法のペンデクで修復可能なので、まだ有情ですね。

まあウチのシーリアさんはドワーフゆえに力が強く、楽器をすぐ壊してしまうという脳内設定があるので、これもその設定が反映されたナイスな展開だと思っておきます。
ちなみに、眠りの竪琴もこの後何回か使ってたら壊れました。
早くペンデク覚えてぇ・・・。

ELM-G_120526_012527.jpg

そして闘士ですが、武器の命中率が高い事と、初期から攻撃回数が2回という職業特性に助けられ、現状のレベルでは頭一つ抜けた活躍。
うまく連撃が発動すると、2体の敵を一度に葬れるので、非常に頼りになります。
どんなPT編成にしようか悩んでいる方にはとりあえずオススメできる職です。


とりあえず最初の小部屋で戦闘を繰り返し、レベル平均を3~4にしました。
ここまでプレイした感想としては、「ダンジョンRPGが好きなら有り」といったもの。個人的には、とても楽しくプレイできています。
雑誌などでも言われていた通り、難易度は前評判通りやや辛口なものの、これ系のゲームが好きな方には十分受け入れられると感じました。
ただ、これまでのエルミナージュシリーズとはかなり異なっているので、「従来通りのエルミシリーズ」をプレイしたい方にはどうか・・・というものも勿論あると思います。
細かい部分で不便になっている点があるのも残念ながら散見しました(図鑑の解説文がなくなっていたり、ステータス画面で複数回〇ボタンを押して進んだ状態から、□ボタンを押すと一発でキャンセルできる機能がなくなっていたり)
とはいえ、これはこれで、と割り切れる方にはかなり楽しるものになっていると思います。・・・今のところは。

まだ先がどうなるかはわかりませんが、自分としては楽しめそうです。

Comment[この記事へのコメント]

どんどぅーん! 

ゴシック始まりましたね。
色々ご意見もあるかと思いますが、取りあえず楽しんでいきましょう。

ところで「どんどぅーん!」です。
ゴシックはギャグやパロディの類は無いと思っていましたが・・・
酒場の名前が「どんどぅーん!」だったとは!
これは気付いてませんでした。
エルミスタッフ、やるなあ。

□ボタンでキャンプの一発解除ができなくなったのは、地味に不満点かもしれません。
もう慣れたけどさ。
  • ぐれた 
  • URL 
  • at 2012.05.26 17:23 
  • [編集]

NoTitle 

ぐれた様>
ついに始まりましたねー。いや、僕は勿論楽しいんですけどね。
周りでは色々言われてますね(苦笑)

どんどぅーん!は、・・・ネタだったんでしょうかね?(笑)
何となく似てるなと思ってやってみただけなんですが、スターフィッシュの方々がそう思って宿の名前をこれにしたかは、まさしく神のみぞ知る・・・といったところでしょうか。

ちょっと不便になってる、というところは若干ありますね。
図鑑の解説文とグラ無しに関しては、やっぱり開発期間が短かったからでしょうか。
イラストを発注するにも時間がかかりますし、解説文は、旧アイテムを載せると新アイテムのものも新たに書かなければいけないわけで、そういうのを書ける人がいなくなってしまったから・・・などと邪推してしまいますが。

ともあれ、ゲームとしては今のところ高評価ですね。
  • 天河 
  • URL 
  • at 2012.05.27 17:15 
  • [編集]

新しい日記が!? 

ヘタレゲーマーかつ記憶力の無い私は迷宮B1Fのスライムから巻き上げたアイテムを商店に売り、
そのGPで大量の薬草と地図を買うというまさに地図奴隷ともいうべき搾取の日々です(笑)
これでは駄目だと訓練所のフランクな兵士に稽古をつけてもらうも攻撃が当たらず全滅という哀れぶり。
それだけに今作で変わらないアビさんと出会えた時は感動しました(稽古してもらうには遅すぎましたが)
敵の召喚耐性が凄まじいため一番好きな召喚師が後ろでヘタクソな弓を延々と撃ち続ける状態になっているのは残念ですが、
個人的には今のところ大満足ですね~
  •  
  • URL 
  • at 2012.05.27 18:22 
  • [編集]

エルミナージュ異聞 アメノミハシラ 

というのが今年の8月に発売予定らしいですね。
フェイス・スタイルロードもあるらしいです。
和風の外伝作品らしいですけど、123、ゴシック、そして異聞と世界観が繋がって無いので「異聞」といわれても…
特殊な大地の話でアスナムチ様あたりも登場!ていうならある意味興奮しますけど、絵柄も含めそれもなさそうですし…
正直ゴシックに全力入れて欲しかったって気持ちも。
確かに新規開拓は最重要とは思いますけどね~
  •  
  • URL 
  • at 2012.05.27 22:51 
  • [編集]

NoTitle 

名無し様>
序盤はいつも以上に厳しめですね。初代ウィズシリーズに近い雰囲気です。
図鑑で確認してみた所、確かに敵の召喚耐性は軒並み高数値で、序盤からの召喚師はキツそうです。
正直それほど仲魔にしたいという魅力のある敵もいないので(霊体系は物理無効なので盾ぐらいはできそうですが)、地道に錬金術などを勉強してからでも遅くないかもしれません。

そして新作情報ですね。個人的には昔あったONIシリーズに近い雰囲気を感じました。
新作ラッシュなのは喜ばしい事なのかもしれませんが、それをプレイするかどうかはまた別の問題になってきますからね・・・。
ゴシックは十分楽しめているのですが、もう少し作りこんで欲しかったな、という部分も多々見られるのが確かに残念ですね。
  • 天河 
  • URL 
  • at 2012.05.29 02:24 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。