いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

円卓の生徒(2)

サウルを伴い、ロロンを助けるべくゴブリン達の縄張りへ向かいます。
距離はさほどでもなく、ゴブリン達が築いている砦の入口へ差し掛かると・・・

WS000323.jpg

そこへ現れる、エルフの美少女。本名エルサリア・アーレンティール、エルサと名乗る彼女は、主人公を迎えに来たと同時に、何やら城を探しにも来た、とのこと。
主人公の使命に関して何か知っているようですが、今はそんな場合でもないと経緯を説明すると、自分も手伝うと申し出てくれます。
クラスはウィザードで、攻撃魔法の使用が可能。連発はできませんが、大きな戦力が加わりました。


WS000397.jpg

新たな仲間を加えて砦を進んでいると、またしても新たな人物が。ロロンと同じミグミィ族らしいこの少年の名はポポログ。サウルとも顔なじみですが、しょっちゅう放浪しているためめったに村にはいないとのこと。
珍しく戻ってきていたようですが、彼には彼の目的があるらしく、ロロンを助ける事に積極的ではないようで、すぐ立ち去ってしまいます。

3人で進んでいくわけですが、ゲーム的にはまだチュートリアルな段階のようで、さほどきつくはありません。
今作では拠点に戻ればHPなどは自動で全回復する便利なシステムなので、攻撃の要であるエルサのMPが切れたら戻るようにして、レベルを上げながらちまちま進んでいきます。


WS000378.jpg

村に戻った際に一応エルサをマァリンへ面通ししておくと、何やら意味深な事を。彼女もまだまだ謎が多いです。
個人的には、美少女メイドというだけで十分信頼に値しますがゲヘヘ。おっと素が。


WS000443.jpg

そうして砦の中腹ほどへ差し掛かると、何やら着飾ったゴブリンの姿が。ムカブと名乗るこいつがどうやらリーダーである様子。
更に捕らえられているロロンも発見。ここを逃す手はないと助けに向かおうとしますが、リーダーはロロンをソラジロニササゲルイケニエニスル、と叫び、彼女を連れ逃走。部下のゴブリン達が行く手を遮ります。


VS ゴブリンズ

WS000457.jpg

上位種のホブゴブリンが若干タフなため、エルサのMPを温存した状態で戦いたいところ。
サウル君の初期装備は弱く、敵の防御力の前にほぼ1ダメージとなってしまうため、せめてこの辺に来るまでにショートボウあたりを購入し、主人公か彼に装備させておきたいところです。

ゴブリン達を蹴散らし、更に奥へ。3人PTとはいえ、何とか戦えている事に自信を深めるサウル。
再びリーダーに追いつき、順調かと思われますが・・・


WS000490.jpg

なんとムカブは巨人を放ちます。彼らに手懐けられているのか、こちらを阻止すべく立ちはだかる巨人。
桁違いの相手が出てきてしまい、あっさり自信喪失して逃げ腰になるサウル。まだ経験が少ない彼としては、致し方ないところです。

一応中ボス戦のようで、サウルの言うとおり一時退却し、体勢を整える事ができます。
君たちはこのままこの巨人に挑んでもいいし、一時撤退してもいい。というヤツです。
さすがにエルサのMPが切れていると無理くさいので、全快にしてから挑みます。

VS サイクロプス

WS000503.jpg

ガタイのとおり結構なダメージを与えてくるため、まだHPが低い主人公以外が受けてしまうと結構なピンチに。
幸い主人公は回復魔法を使えるため、しっかり回復しながらエルサの魔法を撃ち込んでいき、無事撃破。

というか最近エルミナージュとか世界樹をやっているせいで、突然こういう敵が出てくると何とかやり過ごして進むべきなのではないか、と勘ぐってしまうのですが、普通に倒す相手だったようです。
そうなんだよな・・・普通こういう展開なんだよな・・・。

何とか倒しましたが、世の中の広さを知り、増長を改めるサウル。気持ちを新たに、奥へ進んでいきます。
砦の最新部と思しき場所にたどり着くと、そこにはムカブの姿が。今にもロロンを生贄に捧げようという状況で、非常にまずい状況。ムカブがロロンを抱え上げ崖下へ落とそうと動くのを見て、阻止するべく動く一行。


WS000535.jpg

しかしそこにどこからか火矢が飛来。辺りが炎に包まれ、恐慌に陥るゴブリン達。ムカブも思わずロロンを放り出してしまい、その隙をついて無事こちらと合流。
進退きわまったムカブは、生贄を取り返すべく直接襲いかかってきます。


VS ムカブ+α

WS000539.jpg

ホブゴブリンが攻撃に対しカウンターしてくるので地味に厄介なものの、ロロンが回復魔法を使用できるため、むしろ安定度は増しています。
HPが高い以外はあまり雑魚戦と変わらない感じで撃破。

劣勢に立たされたムカブは一目散に逃走。一息ついたところで、ロロンの無事を喜ぶ一行。気づくとポポログの姿もあり、先ほどの火矢は彼の手によるものだった模様。
初対面なのでお互いの紹介も簡単に済ませたところで、エルサの本来の目的に話題が移ります。


WS000584.jpg
WS000590.jpg

そもそも主人公を迎えに来たと同時に、城を探しに来たと言っていたエルサ。各地を放浪していて色々な情報に詳しいポポロンもその城の事は知っている様子。
その城はロンドエールといい、かつて円卓の騎士の居城であったもの。ムカブが言っていたソラジロとは、これのことであったようです。
エルサによれば、この谷の奥底へ沈んでいる、との話ですが・・・


WS000606.jpg

そこへ再び現れるムカブ。見れば先ほどと同じ巨人を連れており、谷を背にしてしまっているこちらは圧倒的に不利な状況。戦って切り抜けるしかないかと思われたその時、巨大な地震が発生。
ロンドエールをソラジロと呼んで、この一帯を神聖視していたムカブは、ソラジロノイカリだと恐れをなして再度逃走。事なきを得ます。
そして何か巨大な影が背後から射すのを感じ、振り向くと・・・


WS000620.jpg

そこには、空に浮かぶ巨大な城が。どうやらあれがロンドエールである様子。
♪空にそびえるくろがねの城~♪

驚く一行の頭の中に、マァリンと思しき声が響きます。それによれば、迎えに行くのでフューミの村で待っていて欲しい、との事。
何やら事が動き出した予感、一行は一路フューミの村へと戻ります。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。