いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

カードワース(8)*紫紺に染まる真紅都市・2*

紫化事件の犯人を捕えるべく、倉庫での張り込みを開始。
夜もとっぷりとふけた頃、何者かの気配が。

ScreenShot_20120822_080748484.jpg

フィオラ「・・・え?」
キャシー「最近のネズミは、ネズミって鳴くんだね!」

例の穴から侵入してくる、名状しがたきもの達。以前ファラン氏の名前を使って依頼してきた、ルーシーが研究していたスチームゴーレムに似ています。
こちらに気づいた途端回れ右で逃げ出しますが、一匹が仕掛けていた罠にかかり、捕える事に成功。


ScreenShot_20120822_080840437.jpg

尋問した結果、紫化事件の犯人はやはり、コンテスト参加者の一人である”紫の”ドロシー氏である事が判明。
このゴーレム達はその実行犯だった模様。
ドロシー氏の潜伏先が、”赤の”シュナイダー氏の屋敷の裏手にあるログハウスである事も判明します。

エレイン「口の軽いネズミさん達ですね」
ユリィ「まあ助かるけど・・・フェイクじゃなきゃいいなぁ」

とりあえず日が昇るのを待って、ドロシー氏の潜伏先へ突撃することに。


ScreenShot_20120822_081155140.jpg

現地へ向かうと、情報通りログハウスがあり、中には3人ほどの人の気配が。
こっそり侵入するか一気に奇襲するか、堂々とノックしてみるか選択肢があったので、思い切って堂々とノック。
すると、痩せ型ノッポと太っちょという、古典的アニメ作品のような既視感のある雰囲気の男性二人がお出迎えしてくれます。


ScreenShot_20120822_081421187.jpg

さらに女性の姿も。彼女がドロシー氏のようです。
証拠品を突きつけて迫ると、割とあっさりと犯行を認めます。しかし、大人しく自首する気はない様子。
向こうは戦闘する気満々で、これまた古典的アニメの3人組の悪人のような体で襲いかかってきます。

バルター「さしずめあのネズミは、ビックリでドッキリなメカじゃったか・・・」
アディ「懐かしいな、オイ」


VS ドロンボー一味ドロシー一味

ScreenShot_20120822_081532156.jpg

戦闘開始と同時に、しこたま補助魔法を使用するドロシー一行。こちらは物理回避を上げる聖霊の盾くらいしかないのと比べて、雲泥の差です。
何やら召喚呪文らしきものまで使うという鬼畜っぷり。

フィオラ「ちょっ・・・ズルくない!?」
ユリィ「人数差があるとはいえ、これはきついかも・・・」

そして案の定というか、のどかな風景に似つかわしくない戦いが繰り広げられる事に。
ドロシー使用する補助魔法の種類が豊富で、眠りの雲なども使用。対してこちらの眠りの雲の効果は、召喚呪文の効果かターン終了時に回復されます。更に別な召喚呪文の効果で、HPまで回復される始末。
中々攻めきる事ができません。
地味に部下二人の火力も高いので、回復するのも一苦労です。


ScreenShot_20120822_081915500.jpg

かなりのターンが経過、補助呪文と召喚の効果が消えた頃、ようやく眠りの雲がヒット。
ドロシーを集中攻撃しますが、回避が高く中々仕留めきる事ができません。
壮絶な泥仕合となった頃、ドロシーが降伏を宣言。ギリギリな判定勝ちを拾ったような、渋い戦闘でした。

アディ「し、召喚つええ・・・」
エレイン「もっと補助魔法を充実させないと、今後の戦いは厳しそうですね・・・」


その後、騒ぎを聞きつけてきたのか、駆けつけた騎士達にドロシー一味を引き渡す事に。
紫化の魔法も、聖北教会の司祭の手で解呪され、全ての衣類は元通りに。
これにて事件解決の運びとなりました。


ScreenShot_20120822_082138515.jpg

ちなみにドロシー氏とはいうと、事件の動機などについてはひたすら黙秘。
解決はしたものの、少し不透明な部分を残してしまった感じでしょうか。

フィオラ「考えてみれば、シュナイダーさんの屋敷の裏手に潜伏してたのも、何か関連があったのかも・・・」
ユリィ「直行しちゃったから、その辺を洗う機会がなかったね」

ともあれ無事ファッションショーは開催される運びとなり、後は当初の目的通り、ショーを見物して帰る事に。
更にすっかり冒険者達を気に入ったキャリーさんから、、ショー当日のモデルを誰か一人にやってくれるよう頼まれます。
誰にするか悩みましたが、シナリオ開始時に田舎育ちだからファッションショーなんかには縁がない、と散々イジられていたフィオラをチョイスすることに。

フィオラ「田舎育ちでもやれるってところ、見せてあげるわ!馬子にも衣装よ!」
アディ「根に持ってたのか」
ユリィ「あとそれ、自分に胸張って使う言葉じゃないからね・・・」


ScreenShot_20120822_082437968.jpg

早速採寸に入るキャリーさんですが、このセリフでフィオラさんは意外と胸が大きい事になりました。
これ自体は汎用なセリフかと思いますが、設定が生えるってこういうのを言うんですかね。


ScreenShot_20120822_082956359.jpg

そしてファッションショー当日。並み居る強豪を征して、栄冠を勝ち取ったのはキャリーさん。
これはプレイヤーが実際に誰に投票するかの選択肢で、キャリーさんを選んだからかもしれません。
ともあれ、一応はグッドな終わり方を迎える事ができたのでしょうか。


ScreenShot_20120822_083246343.jpg

報酬にキャリーさんの服もゲット。使うと回避率が上がるとか、そんな感じでしょうか。

今回はこんな感じの結末となりましたが、このシナリオはシティシナリオらしく、行動によって結末が変わってきそうです。
もうちょっと別な行動をしていたら、ドロシーの動機や隠された他の要素(あれば)を発見できたのかもしれません。
2周目は宿のオヤジさんから調査と鑑定用のお助けアイテムをもらえ、更にある程度ショートカットしてシナリオを開始できたりと、周回プレイに対応もしており、心配りの行き届いたシナリオです。
最近は戦闘メインのゲームばかりだった事もあり、新鮮な気持ちでプレイできたシナリオでした。


*余談*

真紅都市の前の話ですが、墓守の苦悩シナリオにリトライしてきました。
とりあえず物理回避を上げれば何とかなりそうな印象だったので、聖霊の盾スキルをエレインに持たせ突撃。

ScreenShot_20120820_135600687.jpg

一戦目はさっさとマハガスに集中攻撃して速攻で二戦目に。
今回は亡者退散も決まり、マハガス以外の攻撃はほとんど苦もせず勝利。リベンジ達成です。


ScreenShot_20120820_135644734.jpg

マハガスの部屋を調査すると、何者かへ宛てた脅迫状が。宛名を見ると、何と教会のデュソー司祭宛。
何やら鍵も発見、途中で見つけたどうやっても開かない扉の鍵と思われたため、早速向かいます。


ScreenShot_20120820_135739656.jpg

中には女の子が。脅迫状に書かれていた人質で間違いなさそうです。
彼女を救出し、街へと帰還する事に。


ScreenShot_20120820_135841171.jpg

どうやら女の子はデュソー司祭の娘で、マハガスは死霊術の研究のため、彼女を人質に司祭を脅し、死体の確保を黙認させていた模様。
聖職者として、そして父親として板挟みになっていたデュソー司祭の葛藤たるや凄まじいものだったと思われますが、これでその心配もなくなりました。
ガルシア氏にも事情を説明、無事事件を解決して帰路へ着く冒険者達でした。

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

あれ、年代で判定しているだけなので、_若者 ならみんなあの扱いですけどねw
シナリオをこなすうちに固まる設定と言うのもまた、醍醐味ではありますね。

墓守の苦悩リベンジお疲れ様です。
聖霊の盾、魔法の鎧、祝福の3種ブーストは今後、戦闘メインだったりすると必須になってきますので、常備しておくと良いかもです。
  • ふな 
  • URL 
  • at 2012.10.12 14:44 
  • [編集]

NoTitle 

ふな様>
まあ、汎用セリフだと仕方ないですねw
正直、ゲームを始めた当初と今では割とキャラのイメージが変わってきてる部分もありますね。

ブースト魔法マジ便利ですね。これがないと生きていける気がしません・・・。
これに召喚が加わると更に安定する感じですね。
  • 天河 
  • URL 
  • at 2012.10.13 08:44 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。