いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

円卓の生徒(12)

エセルガルドの探索もようやく済み、残るリーアリスはあと一つ。次なる冒険の舞台へようやく進むことになります。
次の目的地はバルハール坑道なる場所。バーゴ達ドワーフの故郷であり、オブリスの言葉から得られた情報によると、そこに最後のリーアリスがある模様。
自らの種族が壊滅する事となった場所で、バーゴにとっては因縁の土地となります。

WS004333.jpg

と、その前に新たな仲間が。以前オーマの波動に操られ、カミカゼ・アタックでもろとも主人公を始末しようとした謎のおっぱい女性が、生徒として加わることに。
彼女の名はマイコ・セーリュー。海の向こうの国でサムライとして主君に仕えていたものの、その主君が死んでしまった事により、死に場所を求めてこの大陸に渡ってきたそう。
強い相手を求めて彷徨っていたところ、オーマの波動によって操られてしまったようです。
以前あわやという事態になりかけたため、まだ他の生徒からは疑惑の眼差しがぬぐえませんが、マァリンの鶴の一声で正式にこの戦いに参加する事になります。


WS004498.jpg

恒例の面談も。彼女はネイという種族で、チームラ作品慣例の猫侍でもあります。感情が高ぶった時などに思わずネコっぽい口調になるのも変わらずです。
その内「私、姉さんを探してるんです!」と妹さんが彼女を探しに海を渡ってきたりしそうですが、さすがにそんな事はないようです。


WS004535.jpg

そして最後の仲間となるマイのクラスは待望のサムライ。ウィザードリィでは最強クラスの攻撃力で非常に頼りになる職業・・・なのですが、本作では微妙な感じのようです。
専用武器となる刀の攻撃力がイマイチなため、基本的なダメージが敵の防御力-こちらの攻撃力、となるチームラ作品ではあまり火力を出す事ができません。中盤~終盤でメインとして戦う事になる不死・精霊系に対する特攻もほぼ絶望的なので、どうしようもありません。(一応パッチで両手持ちの特攻付き武器が追加されていますが、割と出づらい印象なので)
二刀流も素早さが高くならないとダメージ補正のマイナスがきつく、それでもファイターやパラディンよりやや下回る攻撃力で、高レベルで覚える真・二刀流(両手持ち武器を二刀流できる)を覚えてようやく真価を発揮できる、といったところでしょうか。

そもそも刀は攻撃回数の高さで押していく武器だったはずなのですが、本作では大半の武器が多くても3回ほどしか攻撃することができず、一回しか攻撃できなくても十分な威力の斧や槍系の武器の影にスッポリと隠れてしまっています。
基本的にサブクラスをつけるのが前提だと思われるため、ファイターなどをつければもちろんそこを補う事はできますが、他のクラスが単独でも十分な活躍ができるものばかりなので、この仕様はやや残念でした。
レベルが上がるのがもっと早ければよかったのですが、このゲームはドラクエやFFと同じで、レベルが上がるほど必要経験値も多く必要となるため、極終盤でないと真・二刀流の出番がないのが惜しいところ。
システムの不利な面を一身に背負ってしまったクラスという印象を受けました。

サブクラス含めて極めれば恐らく最強の火力なのでしょうが、そこまで行くのはゲームが終わった後になりそうです。
なお、自分がプレイしているのがノーマルモードなため、敵が強くなる=経験値も上昇するMASTERモードではこの限りではないかもしれません。

正直あまりにきつかったため、マイだけはサブクラスでファイターをつけることにしました。
正式な続編であるデモンゲイズではこの辺がどうなっているのか、気になるところです。


WS004441.jpg

閑話休題、前回のイベントですっかりデレて、サブクラスも付けられるようになったルーミですが、後の面談でもデレデレです。
攻めてくるなぁ。

WS004660.jpg

とか考えていたら、エルサも負けじとなのかどうかわかりませんが、かなり攻めの姿勢です。
この画像だけ並べてみると何のゲームかわからなくなりますね。


WS004462.jpg

一方、ミンツが生徒として加わった真の理由も明らかに。ルーミとエルサは伝説の武具、聖剣クラゼリオスと星の杖クランナリンを扱える唯一の存在で、万一彼女らがオーマの波動で操られるような事になれば一大事。
その場合、彼女達に自ら手を下すつもりだったと告白します。
しかし、ルーミの一件でそれは必要なさそうだと感じた模様。結果的に、彼の信頼も勝ち得る事になったようです。
今後はこれまで以上に協力していくとの事で、ここで彼のサブクラスが開放。更に一定期間ごとに、HP・MPを全回復するエリクサーを倉庫へ補充してくれるようになります。これは嬉しい。


WS004599.jpg

そしていよいよバルハール大坑道へ。上でも書きましたが、ここでは久々の精霊系と相変わらずの不死系がメイン。
物理攻撃もそれぞれの特攻がないと通らず、嫌らしい攻撃にそもそも高い耐久力とかなりの強敵となります。
エルサがレベル20となり、ウィザードスキルのマジックエンハンス(常時攻撃魔法の威力が増加)を習得したため、バーストマジックやユニオンスキルと組み合わせて弱点を付けば、4桁ダメージを叩きだす事も可能に。戦闘の中核となります。
逆に戦士系は、精霊系に特攻がある武器を入手するまでは苦しい闘いを強いられる事となります。
不死と精霊両方に特攻があり、なおかつ強い武器はこの段階ではほとんど存在しないため、戦闘中に頻繁に装備を付け替えなければいけないのもやや面倒です。


WS005598.jpg

更にこのダンジョンでは、ところどころにある扉に、ミスリルの光玉か闇玉をはめなければ通過できないようになっています。光玉は普通に持ち歩けるのでいいのですが、闇玉の方は20歩歩くと消滅するため、入手ポイントから扉までのルートを考えないと先に進めません。ちょっとしたパズルですね。


WS005651.jpg

そうして先へ進むと、見上げるほどの巨躯を誇る存在が現れます。彼はどうやら戦死したバーゴの弟、バスクルのようで、ここに巣食うゾンビ達同様、オーマの波動により死してなお操られてしまっている模様。
生前の記憶は多少残していたようで、バーゴの声に反応してその場は立ち去るものの、もはや彼を救う手はこの世からの開放のみ。
立ちふさがる雑魚を蹴散らし、彼の後を追います。

VS バスクル+α

WS005702.jpg

沈黙効果のあるブレスを使用、5ターンごとにオーマの波動も来るため、なかなかの強敵です。
属性が闇なのでエルサで弱点も付けず、背後のキングワーカーがディボーション持ちなので、バスクル一転集中だとかえって戦闘が長引く可能性も。
エルサでまず背後の雑魚を焼き払い、その後集中攻撃するのがいいでしょうか。

無事戦闘に勝利、バスクルを手厚く葬る一行。バスクルは今わの際に、ドワーフの生き残りが逃げ延びている、という言葉を残します。
これまで大陸中を渡り歩いてきたバーゴですが、それでも生き残りを見つける事は出来なかったため、安易に喜ぶ事はできないものの、明るい情報ではあるのは確か。
一行は、再びリーアリスの探索へ戻ります。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。