いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

円卓の生徒(13)

引き続き、バルハール大坑道の探索。未踏破部分をどんどん埋めていくと、ドワーフ語で「祭壇」と書かれた看板のある場所が。ようやく目的の場所に着いたようです。

WS005792.jpg

しかし、そこにあるのは祭壇だけで、肝心のリーアリスはありません。まさか魔族に既にボッシュートされてしまったのか・・・と、暗い考えがもたげる一行。


WS005802.jpg

と、そこへ姿を現すエラステ。また戦闘になるのか・・・と思いきや、ドラゴンが来るのですぐにここから離れろ、と忠告だけして去っていきます。
そしてその忠告通り・・・


WS005822.jpg

地下だというのに、どこからどう入ってきたのか、巨大なドラゴンが一行の目の前に。どうやら、以前オブリスが言っていた奪われたという卵から孵ったドラゴンのよう。
ペイデという名のようですが、既にオーマの波動によって操られているようで、一行へ容赦なく炎を浴びせかけてきます。


WS005827.jpg

次代の神となる存在とは伊達ではないようで、こちらの手が届かない高高度からのブレスはかなりの威力のよう。
マイさんも思わず素になる火力です。

オブリスの件があるのでまさか倒してしまうわけにもいかず、そもそもこちらの攻撃が届かない位置から徹底してブレス攻撃を仕掛けているため、にっちもさっちもいかない状況。お前はリオレウスか。閃光玉で叩き落としてやりたくなりますが、あいにくそんなシステムはなく、絶体絶命です。
おまけに今いる場所は転移呪文が封じられており、ロンドエールへ飛ぶ事もできません。このままではポイズンジャイアントに先制された時のように全滅コース必至なため、バーゴの進言もあり、イチかバチか脇の吹き抜けへと身を躍らせる一行。

かなりの高さを落下したようですが、どうやら全員無事だったよう。しかし、落ちた先はバーゴでも把握していない区域だとの事。
相変わらず転移禁止エリアのようで、緊張感のある状況で探索再開となりますが、ほどなくしてエレベーター的な存在を発見。どうやら、こちらの落ちた先の区画の階層を自由に移動できるようで、最上層からはロンドエールの待機場所付近へ脱出する事が可能です。急死に一生でした。
ここからはロンドエールから直接、この新しいエリアへ移動する事ができるようになり、こちらの探索を進めていく事になります。


WS005901.jpg

気を新たに探索していると、女魔族の姿が。どうも何か研究をしているらしいですが、彼女のやりとりから、このバルハールでドワーフ達がアンデッドと化した原因は彼女にある模様。というか、彼女もオーマの波動で操られているようです。
当然ながらバーゴは怒り心頭。謙虚jなナイトとしても許せようはずもなく、戦闘に突入します。


VS モラミッタ

WS005921_20130211155602.jpg

アローバリアで後列からの攻撃を防いてきたりもしますが、一番厄介なのは直接攻撃とともにお金を奪っていく事。結構な額を持っていかれるため、ロンドエールに預けてくるのが得策のようです。
・・・なんだか桃〇郎電鉄の貧乏神みたいですが。
HPはさほどでもないのか、2ターンほどで撃破。

とどめ・・・というところで、態度を180度変えて戦闘をやめるよう叫ぶ女悪魔。元々彼女はここでドワーフと共に魔法の道具の研究をしていたようで、水の苦手なドワーフに頼まれ、水中でも息のできる海竜の空気袋なるアイテムを開発していたとの事。見逃してくれれば、完成させてこちらに渡してもいい・・・と、交換条件を持ちかけてきます。
さすがのポポログでも難色を示す相手でありますが、何かの役に立つかもしれない、というミンツの言もあり、ひとまず案を呑む事に。完成には付近をうろついているクロウラーから採れる、窒息しない肺が3つ必要だそう。
材料はこっち持ちなのね・・・と、交換条件の割には腑に落ちないものを感じながら、素材を剥ぎ取りに行きます。

無事材料を集め、意外と約束通りに空気袋を手渡されます。そのまま立ち去ろうとするモラミッタ。しかし、ドワーフ達が亡者と化した元凶の彼女をこのまま野放しにするわけにもいかず、バーゴの気持ちを汲んで斬りかかります。すまんのう。
しかしモラミッタもさすがに予想していたのか、あっさり回避するとそのまま逃走。決着は持ち越しとなります。


WS005982.jpg

改めて探索再開。モラミッタのいた部屋にはあの有名な魔法の絨毯があり、元あった場所に戻っていくという習性のため、バルハール坑道内限定ではありますが、奈落を飛び越えて移動する事ができるように。
これで、今まで行けなかった場所も探索できるようになります。


WS006019.jpg

さらに奥へと進むと、何やら巨大な像が。ミスリル製のようですが、バーゴも詳細はわからないとの事。
するとそこへ、成仏したはずのバスクルの声が響きます。ヒイィ、怨念がここにおんねん・・・!
しかし、内容は恨み節などではなく、この像は鏡の守護者と呼ばれるもので、これを目覚めさせるために、周囲にはびこる魔物を排除し、この像を清めてほしい、というもの。要するにトラップポイント全制覇しろ、ということのようで、早速潰してまわります。

全てトラップポイントを制覇し、像の元へ戻ると、突然動き出す石像。どうやらバスクルが封印を解いたようですが、何故かこちらに襲いかかってきます。
困惑していると、唯一状況を把握したらしいバーゴから、これは魔法の鏡なるものを守護するものであり、それを手に入れるためには守護者を倒さねばならない、と告げられます。
破壊されるまでは止まらない、との事なので、是非もありません。


VS ミスリルゴーレム

WS006048.jpg

その見た目とミスリル製というだけの事はあり、かなりの攻撃力を誇るらしく、何とルーミが一発KO。現時点では戦闘中の復活手段はないため、こうなるとかなり厄介です。あとソウルゲージが下がるのも痛い。
「女神転生外伝 ラストバイブルⅡ」にて、妖精の里でそこを守るための魔獣を置いていって欲しい、と言われて置いていったはいいものの、レベルが低かったようで里が全滅、「あなたのまじゅうは やくにたたなかった・・・」とか言われた時の思い出が蘇ります。

閑話休題、打撃だけでなく沈黙ブレスなども使用、その上即死攻撃まで使うとかなりの強敵。おまけに精霊種なため、そもそも精霊特攻のある武器でないと直接攻撃は通りません。
エルサからの発言のとおり、聖属性なのが狙い目で、マジックバーストなどを併用したエルサのエビルボルトならかなりのダメージが通ります。それ以外だと、ミンツのアイテム修練で闇の小瓶を複数個まとめてぶつける、などでしょうか。


WS006068.jpg

ゴーレムを撃破すると、それは一枚の鏡に変化。どうやら転移の魔力がある鏡のようで、バスクルの話を統合するに、これを使ってドワーフの生き残りが逃げ延びたよう。死してなお、自分たちを導く弟の意思に、思わず涙と鼻水を迸らせるバーゴ。
ドロドロになったヒゲを拭いてやり、スルー・ザ・ルッキンググラス!な感じで鏡の向こう側へ進みます。
アリスとかいるのかなぁ。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。