いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

カードワース(26)*銀斧のジハード・2*

オロフを伴い、異端審問官がいるペルージュヘ向かいます。ペルージュはメーヌから北西へ1日ほど。
特に盗賊や獣に絡まれることもなく、無事到着できます。

WS00001200.jpg

キャシー「異端審問官かぁ。やっぱり怖い人だったりするのかなー」
エレイン「・・・キャシー、あなたが想像しているのはあくまで極端な例で・・・」
キャシー「ふーむ、教会なのに『あくまで』とはこれいかに!」
エレイン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ニッコリ)」
キャシー「あ、ごめん、ごめんなさい。調子に乗りました。許してください」
アディ「(俺らの中では、実はエレインが一番怖いな)」


ScreenShot_20131107_075348062.jpg

当の異端審問官の方とは、今回運良く滞在していたということですぐに会うことができました。
事前に盗賊ギルドからも情報収集していたのですが、そこで聞いていたのと同じく気さくな人柄で、話もわかる上に柔軟性もあるとかなりの好人物です。

今回の件は委任状を出せるかどうかは微妙なラインで、まだ人間に被害が出ていないというのがポイントらしく、ただ捕まえてしまえば同じような立場にある周辺の領主から反発が出るのは必至だとか。
ただ、くだんのガイウス派の指輪という物証があることと、邪悪な妖魔退治という名目で何とかひねり出してもらえます。シェンデルフェールさん、デキる人物です。

バルター「殺さずに捕まえる必要があるか。あんな悪徳領主には、是非ともこの斧をくれてやりたいところじゃが・・・」
フィオラ「まあまあ抑えて。領主を倒して終わらせてしまうより、ここで事例を作っておくことで今後の抑止力にできるというのも大きいと思うし」
ユリィ「それと、ダークエルフの召喚術には注意しないとね。精神を操るシェイドは厄介だから」


ScreenShot_20131107_075723859.jpg

お墨付きをいただいたということで、早速領主の元へ乗り込むべく取って返します。ペルージュの盗賊ギルドからは領主の城で働いていたというご婦人がいた、という情報も得ていたので、隠し通路的なものがないか聞いておくことに。
どうやら裏口があるようで、夜を待ってそちらから忍び込みます。
ちなみに今の領主は元々支配欲が強い人物だったそうで、ある日ダークエルフと出会って以降、怪しげな儀式にのめりこむようになっていったそう。


フィオラ「さすがに気配は少ない・・・けど、中庭はやめといた方がよさそうね」
キャシー「まずは地下かなぁ。生き残りがいるかもしれないよね」
バルター「敵がどれほどいようと関係ないわ!立ち塞がるもの全て、この斧でなぎ倒して・・・!」
ユリィ「シーッ!バル爺、静かに!」
アディ「常に激昂状態になってるな、今回は」


ScreenShot_20131107_080250812.jpg

地下室に行くと、ビルイェルなる生き残りのドワーフを発見。衰弱してはいますが、治療を施すと持ち直すため、一安心です。しかし、妖精窟で拾った剣の作者であるブレーメル氏など、彼以外は既に手遅れとなっていた模様。
彼からは色々と情報を仕入れられ、ダークエルフが領主をそそのかし、強い生命力を持ったドワーフ達を生贄に黒魔術の儀式を行うことで、どんどん力を増していると言います。これは一刻の猶予もないようです。


ScreenShot_20131107_080345296.jpg

ちなみにビルイェル氏はブレーメル氏と仲が良かったようで、ブレーメルを見せると彼に渡してやってほしいとオロフから頼まれます。ここはさすがに承諾しておくことに。

フィオラ「ほらアディ、早く渡して!元々は彼らのものなんだし」
アディ「い、いや、しかし・・・。クッ!俺の右手の呪いがこの剣を手放そうとしない・・・ッ!これは困った!」
ユリィ「中二か」

状態が芳しくないビルイェル氏をひとまず残し、上階へ。全ての部屋を探しても領主の姿は見えませんが、領主の私室で隠し扉を発見。この先に領主らがいるのは間違いないよう。
準備を整え、踏み込みます。


ScreenShot_20131107_080723359.jpg

部屋へ踏み込むと、そこにはやはり領主とダークエルフの姿が。儀式はこの部屋で行われていたようで、かなり血生臭いことになっているよう。
ダークエルフに心酔しているようで、すっかりと染められてしまっていますが・・・


ScreenShot_20131107_080800546.jpg

本来のガイウス教とは、天使も悪魔も神の被造物であり、前者は救いを、後者は試練を与えるもので、両者の存在を常に意識し耳を傾けなさい、というもの。
異端とされたのは、悪魔の存在を肯定的に捉え、天使と同格に扱ってしまったからとのこと。
ダークエルフに都合のいいことを吹き込まれているようで、指摘も耳に入らず、冒険者たちも生贄にしようと襲い掛かってきます。


ScreenShot_20131107_080910109.jpg

なお、ドワーフ達を標的としたのは、儀式で力を手に入れる以外に、周辺諸国へ打って出るための訓練も兼ねていたとのこと。領主はすっかりいい気分になっているようで、ダークエルフはかなりうまいことそそのかしたようです。
情けをかける必要もない相手ですが、領主は殺さず捕らえる必要があります。うまく取り巻きだけ無力化しなければなりませんが・・・


ScreenShot_20131107_080953375.jpg

アディ「しまった、やりすぎた!」
キャシー「いやー一番勢いにのったとこが当たったねぇ」

アディの薙ぎ倒しがうっかりいいダメージを出したらしく、領主が瀕死に。直後にフィオラの召喚であえなく死亡。しかたないのでTAKE2です。


ScreenShot_20131107_081433234.jpg

今度は全体攻撃を封印し、うまく取り巻きだけ倒していきます。幸いダークエルフの召喚獣もさして振るわず、無事に勝利。オロフも自ら手を下したい気持ちを飲み込んでくれ、すぐにペルージュへと連行します。

なおビルイェル氏は体調に配慮してメーヌへ残ってもらいましたが、その際名剣ブレーメルを渡したお礼として、ブレーメル氏が得意としたという斧技「潰石断」を託されます。剣を渡したことによるボーナス的なあれでしょうか。


ScreenShot_20131107_081548859.jpg

早速シェンデルフェール氏によって裁判にかけられますが、予想通り破門に。聖北教会信徒にとって、これは社会的な追放も同義だそう。
さらに、同じような立場にある諸侯が、彼と同じ轍を踏むことを恐れて支援しなかったのも大きく、完全に地位を失うことに。領主、かばわれるにはさすがに少しばかりやりすぎであった模様。

ScreenShot_20131107_081613906.jpg
ScreenShot_20131107_081619937.jpg

さらに通常の裁判でも冒険者たちの名前で起訴され、ここでもシェンデルフェール氏の機転により、チーニの統治権も剥奪されることに。完全勝訴です。
この件はこれにて一件落着。オロフたちの溜飲も、少しは晴れたでしょうか。


ScreenShot_20131107_081700031.jpg

とはいえ、彼には妖精窟の復興という課題が待ち受けています。ビルイェル氏もいるとはいえ、中々に茨の道。
しかし、共に行動した間に見せた頑固さがあれば、いらぬ心配でしょう。


ScreenShot_20131107_081706875.jpg

バルター「いいですとも!」
アディ「メ○オでも撃つのか」


ScreenShot_20131112_002545421.jpg

なお、オロフからは報酬としてこちらの品を作ってもらえました。回数制限はあるもののなくなることはなく、いろんな用途に使えるイカしたアイテムです。戦闘中、暴露状態にできるのは非常に大きいですね。
とりあえずキャシーに持たせておくことに。

キャシー「ふむ、今日のフィオラのぱんつの色は・・・きいr」
フィオラ「コ、コラーーーーーーーーーーーッ!!」
キャシー「ん、何か文字も出てきた・・・。えっと、スリーサイズは上からはちじゅうy」
フィオラ「わ------っ!わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」
バルター「こりゃ、キャシー!オロフが魂を込めて作った品を、そんなものを見るために使うでない!」
フィオラ「ちょっとこれ、私両方に怒っていいわよね!?」
エレイン「神の声が聞こえます。『汝の成したいように成すが良い』
ユリィ「異端じゃないの、それ」

なお、ビルイェル氏を救出すると、オロフ氏を宿に連れ込みできるようになるよう。彼の持っていたスキル「破岩撃」は適正が高かったのもあったので、1000SP払って教えてもらったという体で、以後バルターさんに持ってもらうことに。


という感じのシナリオでした。しっかりと背景が作りこまれたシナリオで、安定して楽しむことができました。ドワーフクーポンが考慮されてないのが残念でしたが、行動如何によって結末が変わるのはやっぱり面白いですね。(ビルイェル氏を放置するとぼっちENDに)
背景はいろいろと難しいですが、展開は水○黄門なわかりやすいものになっているので、プレイしやすいのもよかったです。

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

カードワース更新、お疲れ様です。
ビルイェルのいる地下は正直初見で見つけられる気がしませんでした。
だって見つかったら基本終わりですし…。
  •  
  • URL 
  • at 2013.11.14 20:14 
  • [編集]

NoTitle 

名無し様>
そうですね、僕も初見はぼっちENDでした(笑)
先に領主を何とかしておこうと思って突撃したらそのまま終わったという・・・。マメに調べれば大丈夫っぽいですが。
とはいえ敵自体はあんまり強いということもなく、ストーリーも凝ってて報酬もおいしい(爆)と、いいシナリオですよね。
  • 天河 
  • URL 
  • at 2013.11.15 15:32 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。