いぬご屋*別館*

ゲーム・アニメのお絵かきブログです。 サイト「いぬご屋」の別館になります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

カードワース(27)*祈りしもの・2*

一晩明けて、残った家屋などを回ってささやき-いのり-えいしょう-ねんじろ!する作業を続けます。
屋外にも結構魂が沸いているので、そちらも念入りに調査してお祈りしていきます。

ScreenShot_20131107_020050859.jpg

フィオラ「これで大体済んだかな?ちゃんと昇華できてるといいけど・・・」
ユリィ「苦しみながら逝った人はいないっぽいから、大丈夫じゃないかな。後は・・・」
バルター「一番大きい屋敷じゃな。昨日のレイスがいるとすれば、あそこじゃろう」

ということで、残るお屋敷を調査することに。早速移動しようとすると・・・


ScreenShot_20131107_020538468.jpg

エレイン「ああっ!フィオラ、猫!猫がいますよ!!」
フィオラ「え?あ、うん、そうね。猫ね、猫だわ。かわいいわね」
エレイン「ちょ、ちょっと触ってきてもいいですか!いいですよね!?答えは聞いてない!!」
フィオラ「お、おう・・・」


ScreenShot_20131107_020633750.jpg

エレイン「はあ”あ”あ”あ”・・・くぁあいいぃ・・・連れて帰ったらダメでしょうか・・・」
アディ「野良みたいだし、帰る時にもいたらいいんじゃないか?それにしても・・・」
キャシー「エレインが壊れた・・・」

何故こんなところに猫がいるのかは気になりますが、何かあるわけでもなさそうなので、後ろ髪をひかれながらもひとまずは置いておき、屋敷へ向かいます。
通路には衛兵的なゴーレムが配置されていたりと、怪しいのは確定的に明らか。
小部屋の一つにはうまいこと熟成されたワイン樽があり、それを飲めば全回復するため、全滅することはなさそうで助かります。
そうして進んでいくと・・・


ScreenShot_20131107_021304000.jpg

アディ「何でこんなところに石像が・・・これはどかさないと進めないが・・・」
ユリィ「・・・傷は致命傷だね。多分、石化する前には既に手遅れな段階だったと思う」
フィオラ「仕方ないわ。何か石化を解除する手段を探して・・・後は、きちんと埋葬してあげましょう」

というわけで何かないかと街中をしらみつぶしに探してみますが、使えそうなものは見当たらず。どうしたものかと思案していると・・・


ScreenShot_20131107_021557109.jpg

さっきの猫が。見れば赤い色の針で、何らかの魔力を宿しているよう。もしかしたら・・・と、先ほどの石像の元へ戻って針を刺してみると、見る間に石化は解除。
やはり残念ながら既に息絶えた後で石化されていたようで、丁重に葬ってから先に進みます。


ScreenShot_20131107_021739265.jpg

進んだ先には走り書きされたメモが。先の女性を石化させたのは親しい間柄だった人のよう。大事に思われていたのが伺えます。

ユリィ「あの猫、何なんだろう・・・。ただの猫じゃないようだけど。気になるな・・・」
エレイン「何だっていいじゃないですか、かわいいんですから。かわいいは正義!!」
フィオラ「いや、まあ・・・うん、そうね・・・」

2階へ上がる階段には、立ち入るとスケルトンが襲い掛かってくるトラップが仕掛けられていたりしたものの、聖水をぶっかけて無事解除。2階にはより強い瘴気が漂っており、ここにあのレイスがいることは間違いなさそうです。
小部屋の一つには厳重に封印された棺があり、何かありそうではあるものの、外的な手段で解除するのは不可能なレベルのもののようなので、ひとまずは放置。
そして一番奥の部屋には・・・


ScreenShot_20131107_022710421.jpg

フィオラ「いたわね・・・!でも昨日ほどのプレッシャーは感じない、やるなら今ね!」
エレイン「その命、神に返しなさい!!」
キャシー「753は最高です!」

街の住人たちを昇華したおかげで、普通のレイス程度にパワーダウンしており、無事勝利。
お付にロワァが2体沸いているものの、こちらもさほどの脅威とはならずでした。
┌(┌ ^o^)┐ロワァ・・・


ScreenShot_20131107_023004875.jpg

すると、意思などないはずのレイスから話しかけられます。どうやら彼は事件があった当時町長だった人物だったそうで、もし当時の詳しい事情が知りたければ奥の部屋にある自分の書置きを読むといい、と言い残し、消滅します。

キャシー「私が町長です」
フィオラ「めっ、キャシー、こんな時に!」
エレイン「せめて最後に昇華してさしあげられればよかったのですが・・・もう手遅れでしたね・・・」


ScreenShot_20131107_023142031.jpg

奥の部屋には、机の上に書置き、そして本棚には魔術書が。4属性の魔法が収められていますが、呪文書自体が4属性を均等に維持しており、どれか一つ選べば他は消えてしまうそう。
結構悩んだ結果、「氷の造花」をチョイス。レベル5で全体攻撃という、なかなか頼れそうな魔法です。


ScreenShot_20131107_023344390.jpg

そして本題の書置き。魔法文字で記されていたそれを解読すると、彼は元々不死を究めんとし、禁呪にまで手を出したほどの術者であり、たまたまこの町を襲った妖魔を退けたことで住民たちに慕われ、彼らに請われて町で過ごす事になったそう。
長年研究を続けていたものの、人の身で死を超越する事に限界を感じていた彼は、自分を純粋に慕ってくる町人たちと過ごすうちに考えが変わり、家族を得て町長に推されるまでになったそうですが・・・

フィオラ「そこにアクートの虐殺・・・。この人自身は術でやり過ごしたみたいだけど・・・あの石像になっていた女の人は、奥さんだったのね」
ユリィ「言葉で形容できる気持ちじゃなかったろうね。そこで、禁呪「月の鏡」・・・夜の間だけ理性あるレイスとなれる秘術で、虐殺に加担した兵士たちに復讐していったんだね」
バルター「しかし最終的に、禁呪の反動で完全にレイスと化したと・・・。やりきれんのう・・・」
エレイン「娘さんだけは助けられていた、というのが救いになるのでしょうか・・・」

やりきれない気持ちになりつつも、これ以上できる事もないということで、リューンへ帰還することに。
しかし、外へ出て大通りへ出たところで、慰霊碑の方へと向かう人影が。気になって向かってみると・・・


ScreenShot_20131107_024418187.jpg

こんな場所に似つかわしくない少女が。彼女はあのレイスと化した術師のひ孫で、彼の術の知識とともに知己に預けられた実の娘は、当時から現在までの50年余り、一族代々でレイスと化した術師を押さえ込む役を担っていた、との事。
しかし、彼女の母(術師の孫にあたる)は前年の慰霊祭の直前、レイスを抑えることに失敗しその手にかけられてしまったそう。
このままでは今後も同じことの繰り返しになる、と考えた彼女は・・・

フィオラ「わざと町の人達を呼び出して誰かに昇華してもらうことで、町長さんの力を削いで解放してもらおうとしたのね」
アディ「力を削いでも、この子だけじゃレイスを倒すのは無理だろうからな。俺らはまんまとうまく動かされたわけだ」
ユリィ「そういう言い方しないの。この子は本当に頑張ったんだと思う。それにしても、ひょっとしてあの猫って・・・」
エレイン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・連れて帰りたいです」
キャシー「ダメだこりゃ」

そうして感謝の言葉を残して去る少女を見送り、今度こそリューンへ帰還します。
なお、お礼の意味もあるのか、少女からはレベル7技能「無垢の祈り」をもらいました。霊や不死系限定とはいえ、亡者退散を超える、一撃必殺となりえるスキルの模様。


ScreenShot_20131107_025419531.jpg

そうしてルーファス神父に事の顛末を説明。生き残りはいないとされていた事件で、実は生存者がいたとなれば歴史的に大きな発見。ですが、まだ幼い少女の事を慮り、真相は文字通り墓の中まで持っていくと約束してくれます。
彼の気持ちとして、少しばかり上乗せされた報酬1200SPを受け取り、無事依頼は解決となりました。


という感じのシナリオでした。率直な感想としてはとても完成度の高いシナリオだと感じました。重いお話ながらもスッキリとした後味で、普通に感動しました。
レイス撃破後、ある場所であるキーコードを含んだスキルを使うと隠し要素が見つけられるようになったり、そこに公式シナリオであった設定が使われていたりと、知ってるとニヤリとできる要素があるのも嬉しいところです。
得られるものも多いので、単純に中盤の戦力強化として考えても大活躍なシナリオですね(笑)
とはいえ、無垢の祈りなどただ単に使って強力なスキルではないのがまたいいところでしょうか。
冒険ものとしては桃源郷の恋人などがお気に入りですが、ストーリーものとしては今のところこれが一番かもしれません。




*???*

ScreenShot_20131107_025456921.jpg

禁呪を用い、最終的に心までレイスと化した死霊術師。冒険者によって消滅させられ、気がつけば深い闇の中。
生前行ってきたことを考えれば、自分が行き着く先としては相応しいと、自嘲気味に笑います。
・・・しかし、距離もつかめないはずの暗闇で、遠くから光が射しているのが感じられます。
引き寄せられるように、そこへ向かっていくと・・・


ScreenShot_20131107_025518328.jpg

彼の魂にも祈りを・・・

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

更新お疲れ様です。

このシナリオ、設定が重いうえに延々流れる全滅BGMに滅入る部分もあるのですが
奇妙なオルゴールやエロガッパや猫スキーなど笑える場面もあったりして中々バランス取れていましたね
会話の中で「糸目が怪しいのできっと神父が黒幕だ」とか出てきて噴出しました
いやそれは風評被害だwと
そして一度試しに「慈悲なきエクソシスト」に挑んでみましたが、やるんじゃなかったと後悔…

  • 堀内 
  • URL 
  • at 2013.12.04 22:53 
  • [編集]

NoTitle 

堀内様>
暗いことは暗いんですが、陰鬱でないというのがポイントなんでしょうかね。最後もちゃんと救いがありますし。
猫に盗賊の目→かわいい!がおもしろかったです。糸目が怪しいというのもなんか・・・w
あのオルゴールもセンスですよね。あれだけ異彩を放ってるので何かあるのかと勘ぐってしまったり・・・w

慈悲なきエクソシストはわからなかったですね、まだ見落としてるルートがあるということでしょうか。そのうちまた探してみたいですね。
情報ありがとうございます。
  • 天河 
  • URL 
  • at 2013.12.05 07:26 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

天河

Author:天河
ゲーム・アニメがほどほどに好きです。
気分次第の完全らんだむ更新です。

アイコン:らんだむダンジョンよりアイちゃん

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。